DELL&HP-デル&ヒューレットパッカード パソコン購入研究所
オンライン通販ナンバー1のDELLと人気のヒューレットパッカードのパソコンを
比較してお得なお買い物を研究するブログです。



2009年01月18日

図鑑に載ってない虫-三木聡 監督作品。これも見ましたね。

こんにちは。1年半も邦画生活を更新していなかったら、すっかりWEB制作のソフトの使い方を忘れてしまいました。笑
パソコンも変わってしまったので、データをサーバからDLして少しずつメンテをしてます。落ち着いたら更新を再開して行きたいと思います。

さて、感想も書くかもしれないですが、この期間に見た邦画も忘れないように書いときます。
図鑑に載ってない虫」は、「時効警察」や「亀は意外と速く泳ぐ」ユル系の巨匠 三木聡監督の作品です。



登場人物の意味が無いリアクションと言うか動作、不条理な行動。それがテンポよく、ゆるーい感じに展開していくコメディ映画です。

しかし、もともと仮死体験ができるという謎の“死にモドキ”を探すと言うテーマからして、この作品の軽さがうかがえると思う。

youtubeは、この作品の主人公:俺(伊勢谷友介)が月刊「黒い本」の編集長(水野美紀)から仮死体験のルポを依頼されるシーンですが、作品全体がこんな空気です。



◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ-少し前に見ました。

こんにちは。邦画生活のサイトも画像が表示されなかったり、掲示板が消えてたり・・・さまざまメンテナンスをしないといけない状態です。
(掲示板にコメントいただいた方、本当に申し訳ありません)

さて、感想をずっと書いてはいなかったのですが、DVDでちょくちょく邦画を見ていました。その中で、最近ちょっと独特な感じで面白いと感じたのは、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」でしょうか。

佐藤江梨子って決して美人とはいえないけれど、何とも言えないスタイルと絶妙なバランスの顔?が最近すごく魅力的に見えます。

このユニクロの宣伝も妙に生活観の中に潜むエロチックな表現がよくされていますね。



さて「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」ですが、女優を志して東京に行った姉 香澄(佐藤江梨子)が田舎に帰ってから物語りは、はじまります。
妹 清深(佐津川愛美)の視点で描かれているのですが、今までこういったドラマや映画で触れないような痛い部分をえぐるように、そして、誰しもが滑稽な部分を持ちながらブラッキーなユーモア劇として展開していきます。

レンタルビデオでもたくさん置いてあったんだけれど、昨日見たら、みんな貸し出されていました。

心のわき腹みたいな部分を、ぎゅっと握られたような気分にさせてくれる映画ですね。



◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

雲のむこう、約束の場所-萩原聖人と吉岡秀隆の声優はノスタルジック。

雲のむこう、約束の場所雲のむこう、約束の場所
新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人

ビデオメーカー 2005-02-17
売り上げランキング : 564

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんばんは。昼間は暖かかったのですが、夜は風があって冷えますね。気温の変化で風邪などひかないように気をつけましょう。

さて、先日見た映画をご紹介いたします。アニメ作品で「雲のむこう、約束の場所」です。

ストーリーは、日本が南北に分断された、もうひとつの戦後の世界。
米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。

彼らの瞳が見つめる先は彼女と、津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された謎の巨大な「塔」。

いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる2人。ところが中学3年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまい、やがて月日がたつにつれ、3人は「塔」に引き寄せられるように結びつく。。。

少し難解な世界観ではありますが、ノスタルジーあふれる青春の世界が好きな人には向いているかもしれません。
また、声優の萩原聖人と吉岡秀隆はこういう作品にはぴったりだと思いますね。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 22:10| Comment(1) | TrackBack(1) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

「世界の中心で、愛をさけぶ」について

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
大沢たかお 片山恭一 行定勲

東宝 2004-12-23
売り上げランキング : 2,399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。スカパー日本映画チャンネルで溜め取りしていた映画を見ました。
この映画も興行的に成功しているので、あまり見る気はしていなかったのですが、なるほど・・と思わせる逸話やエピソードがあったので、書きとどめておきたいと思います。


◆オーストラリアで亜紀の遺灰を風に飛ばすシーン。

このシーンは、監督の高校時代の友人でイージーライダーに憧れる同級生のエピソードから来ているとのこと。
友人はアメリカに渡り、バイクで旅をする生活をしていたが、たまたま日本に帰ってきたとき事故で亡くなってしまう。

彼の姉から監督に「アメリカでイージーライダーで有名な地を教えて欲しい」と連絡が入り、ハイウェイで彼の遺灰を飛ばしたことが原案とのこと。


◆撮影監督 篠田 昇の遺作


行定勲監督に「北の零年で吉永小百合を撮る前に、この作品を撮らせてくれ」と言い参加を希望する。彼は、すい臓がんの手術を終えたばかりで、体調が懸念されていたのであるが、撮影監督としてロケに同行する。

この作品、彼のカメラに対峙しなければ長澤まさみも森山未来もあれほどの演技ができなかったとは、監督の言葉。

この映画がロングランを続けていた2004年6月22日、肝不全のため死去する。享年52。

遺作となる『世界の中心で、愛をさけぶ』で、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。


◆森山未来と長澤まさみ

森山君は、役者として「長澤さんがこう来たらこうする」という姿勢に監督が激怒し、「この映画は、衝動的に動くものなんだ。大切な人を無くしてしまう君が衝動的にどうしたいのか。という事がなければ意味がない」という言葉で、監督が驚くほど変わったとのこと。

また、長澤まさみについては、女優の人生において一番良い一瞬に立ち会うことができて良かった。とは監督の言葉。
彼女が丸坊主にするシーンが話題になったが、スタッフとしては、当初はこだわっていなかった。

彼女のほうから「頭そったほうがいいですよね?」という話があったそうだ。亜紀に近づこうとする彼女の姿勢に監督は、映像処理などでそのシーンを作ろうとしていたことに、少し恥じてしまったような話をしていました。

この映画がヒットした背景には、様々な人の強い思いによる必然性みたいなものが重ねあっているように感じます。

「世界の中心で、愛をさけぶ」 オリジナル・サウンドトラック「世界の中心で、愛をさけぶ」 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 河野伸

by G-Tools


◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 03:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

「めぐりあい」酒井和歌子初主演映画。

prog_060205_meguriai2.jpg

こんばんは。深夜NHKでしっかり見てしまいました。当時、大人気だった内藤洋子とともに注目されていた酒井和歌子の映画初主演作とのことです。

1968年、当時大人気女優の初主演映画ということだから、今で言うと長澤まさみ、石原さとみとかの初主演映画みたいなものなんだろうか?1968年というと、今から40年前の映画です。
主演の酒井和歌子が18才として、黒沢年男が23才だから現在、60才位の方の青春映画ですね。

川崎のある自動車工場の組立工である江藤努(黒沢年男)は、停年を迎える父の代りに一家の家計を支えなければならない立場だった。そんな貧しい中、弟の宏が大学へ行きたがっている。

努はベアリング店に勤める今井典子(酒井和歌子)とある日知り合い、その爽やかな笑顔に惹かれる。典子は、母と弟の三人家族で母(森光子)は保険の外交員をして苦労しながら2人の子供を育てていた。

ある日、家族からも自分の誕生日を忘れられてしまった努は、典子を誘い工場から借りたダンプカーで夏の海にドライブする。典子はそんな努に貝がらをプレゼントした。

だが、岩の上に寝ころんだとき、典子は努のたくましい(毛深い?)身体に男を感じ(まじで?)、そんな自分が嫌で努を避けるようなそぶりをする。帰り道、雨の降り出した中、努も典子を意識し、態度がぎこちなかった。そして、典子は一度は努のキスを拒んだが、いつか唇を重ねていた。

楽しい気分で家に帰った典子。しかし、そこには、母の突然の訃報が待っていた。バスが転落して死んだのだった。一方、努はいよいよ停年になった父のため、一家を背負わねばならず、その重在に気持ちを苛立たせていた。典子に会いたいと思い駅で待ち続けるのだが、彼女は母の葬儀で、待ち合わせの場所に行くことはできなかった。

優秀な組立工だった努は、イライラが昂じて前日飲み過ぎ大きなミスを犯し、鍛造部に回されてしまう。

努は疲れ、いつか前向きさを失い、すべてが嫌になってしまう。母をなくした典子は、自分の悲しみの中の努を励ますが、努には気持ちが届かなかった。二人の交流はそれ以来、途絶えてしまったが典子は、いつか努が自分の許に戻ってくると信じ、横浜の遊園地で働いていると言う事を手紙で伝える。

汗と鉄紛にまみれながら、毎日働きつづけている間に、やがて努はこの仕事が車の組立よりも、自分に応しいと思うようになり、気持ちにゆとりを持ちつつあった。

ある日曜日の遊園地を努は初めて典子を訪ねる。彼女は、子供を遊園地の乗り物に乗せたり、一生懸命に働いていた。子供たちに囲まれる典子のもとに努は駆け寄り、お互いの視線が合ったとき努は大きな感動につつまれる。典子は、きっとこの日が来ることを予想してたように微笑む。

高度経済成長時代の青春映画ですね。整理されない自分の気持ちを伝える術もなく、体当たりでしか表現できない、もどかしさ。また、駅で連絡も取れず、待ち続けるなんて、携帯のある今の時代では考えられないのかもしれませんが、良くあったことだと思います。

今の世代のお父さん、またその上の世代の人たちは、こういった貧しい中、懸命に生き抜いてきたのでしょうね。こういう映画を見ると、今の時代これでいいのかな?と少し考えてしまいますね。

酒井和歌子写真集―東宝時代1964‐1976酒井和歌子写真集―東宝時代1964‐1976
東宝映像事業部出版商品事業室

東宝 2004-02
売り上げランキング : 188346

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 04:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

「大夜逃-夜逃げ屋本舗3-」見ましたよ。

大夜逃-夜逃げ屋本舗3-大夜逃-夜逃げ屋本舗3-
中村雅俊 益岡徹 浅田美代子

バンダイビジュアル 2002-02-25
売り上げランキング : 50,601

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんばんは。月曜日ですねぇ・・・一週間が始まりましたね。みなさんお仕事、学校頑張りましょうね。。

さて、昨日何気なく見たのがこの「大夜逃-夜逃げ屋本舗3-" 」です。このシリーズは中村雅俊主演で夜逃げのプロたちの活躍を描いた傑作社会派コメディーです。

今回は、破産制度手続きの盲点と連帯保証人制度を逆手に取った古代ローマで実在した債務奴隷制度(拘禁して強制労働とピンハネで完済するまで払わせる制度を現在に置き換えて、そこで苦しむ人たちを夜逃げさせるストーリー。

貸金問題で高名な弁護士さんが法律監修されてると言うことで、シリーズすべてにいえることですが、けっこうリアルだったりします。また、そういった法律的な背景をもとに巧みなシナリオと演出で作り上げています。

3作目ということで、1、2作目ほどの新鮮さはありませんが、十分楽しめます。
いわゆる王道的でないこういうシリーズが好きな人にはたまらないかもしれませんね。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

田口トモロヲ「MASK DE 41」プロレスと家族愛?

MASK DE 41MASK DE 41
田口トモロヲ 村本天志 松尾スズキ

バップ 2005-01-26
売り上げランキング : 36,799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんばんは。明日からみなさんお仕事ですか?嫌ですよねぇ。。休みって何ですぐ終わるんだろう。。もう少し色んな所へ行けば良かったよ。など、みなさんも同じようなこと思っていませんか?
まあ、気を取り直して出社しましょう。2日行ったらまた休みだ!

さて、今夜のご紹介は田口トモロヲ主演「MASK DE 41」です。41歳の平凡なサラリーマンが、転勤と学生プロレスでタッグを組んでいた旧友との出会いをきっかけに会社を辞め、長年の夢であったプロレス団体を興す様を描いたコメディ。松尾スズキも出ています。

田口トモロヲがこの映画のために半年間で13.5kgも体重を増やし肉体を改造して挑んだところがすばらしいですね。ただ、しっかり作ってあるのですが、内容が詰め込みすぎだったり、人間関係が複雑すぎたりして、混沌とした印象が残ってしまうのは否めないと思う。

実際、プロセスを取り巻く人間関係とかは、混沌としているのかもしれないのですけどね。プロレスと田口トモロヲが好きな人であれば、ぞんぶんに楽しめることでしょう。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

映画vs舞台「笑いの大学」を見て思ったこと。。。

笑の大学 スペシャル・エディション笑の大学 スペシャル・エディション
役所広司 三谷幸喜 星護

東宝 2005-05-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。年明けは、みなさんいかがお過ごしですか?さて、私は年末プリンターが壊れてしまい、年賀状をまだ出せておりません!(昨日は昨日で同窓会出席のため本日からやってます・・)

さて、そんな事態なのですが、年末に見た映画の感想を一言書いておきましょう。
みなさんも、もうご覧になっているかと思いますが「笑いの大学」でございます。この映画は三谷幸喜脚本で、役所広司と稲垣吾郎のペアで検閲官と脚本家の舞台劇を映画化したものです。

実際舞台は、西村雅彦と近藤芳正の二人芝居です。率直な感想をいうと、ストイックでありながら本当は笑い好きの検閲官の役柄として西村雅彦がすばらしく良いと思います。

調子に乗りすぎて、自分でも分からなくなってしまうほど、お笑いの世界に引き込まれてしまい、自分の立場をふと気づく。。。こういった演技は、彼ほど鋭くできる人はいません。

DECODECO
西村雅彦 フリップ・マクドナルド・レイク・ガイルズ・シンフィールド 吉俣良

by G-Tools

そういう意味で映画版の方は悪くはないのですが、少し物足りなさを感じてしまうのは私だけではないと思います。

機会がありました舞台版もご覧になることをおすすめいたします。それでは!

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 13:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

メリークリスマス。いかがお過ごしでしょうか?

大停電の夜に ~ ナイト・オン・クリスマス ~大停電の夜に ~ ナイト・オン・クリスマス ~
豊川悦司 日向朝子 田口トモロヲ

角川エンタテインメント 2005-11-11
売り上げランキング : 2,083

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんばんは。クリスマスですね。寒いですね。テレビでは本田美奈子特集やバラエティ系の特番がオンエアですね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?さて、今日紹介の映画は、クリスマスにも様々な過ごし方があるようで、そんな事をもの思ってしまうような映画です。
クリスマス・イブの東京で大規模な停電が発生。その停電が、不倫中の男や、昔別れた恋人を待つジャズ・バーのマスター、老いた夫婦ら、様々な人々の人生に思いがけない展開をもたらしていく……。

みなさんも長い人生のうち、様々なクリスマスを過ごすことでしょう。このブログを見ている人の中にも仕事中で、今日は帰れそうもない・・・などという事態の人もいるでしょう。また、家族と過ごしている人。熱を出して寝込んでいる人もいるかもしれません^^;

では、それぞれ意味のあるクリスマスを過ごしてください。では。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif


posted by 邦画生活take-naka at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

黒木瞳「仄暗い水の底から」見なくっちゃ。。。

B000066O6L仄暗い水の底から
黒木瞳 菅野莉央 小口美澪

バップ 2002-07-01
売り上げランキング : 11,473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。今日は寒い雨ですね。
さて、邦画生活の本サイトの方で女優ランキング、男優ランキング、映画監督ランキング投票を行っているのですが、女優ランキングの方で黒木瞳さんがダントツ一位です。。

実は、邦画生活のサイトの中で彼女の作品を紹介していないことに気がつきました。。メールで1位の賞状を送ってもサイト内に出演映画のレビューがなくては、まずいじゃないですか!
でも、映画は結構見ています。というかたくさん出演してらっしゃいますしね。

一時、ホラー好きだった頃があったので、今思いつくと言うとこの映画です。。(この映画かよ!)と突っ込まれそうですが、一連のリングシリーズの終結としては、静かに哀しく、そして優しくエンディングを飾っているように思えます。

このシリーズのアンカーが黒木瞳さん、だったからこそ安らかな気分で恐ろしいリングシリーズが終焉できたと思います。
※彼女の主演映画については、今後本サイトで随時準備して参ります(焦)
posted by 邦画生活take-naka at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

夏目雅子「瀬戸内少年野球団」を見たよ。

こんばんは。今夜は、寒いくらいですね。。
さて、今日はスカパーで見た「瀬戸内少年野球団」です。この映画で一番話題になることと言えば、夏目雅子でしょう。
B0000DCUUV瀬戸内三部作メモリアル DVD-BOX
夏目雅子 阿久悠 篠田正浩

ポニーキャニオン 2003-12-17
売り上げランキング : 29,832

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前、知人と二人で東京へある人をたずねて行くことがありました。あいにく、当人はいなかったのですが、そこが寮で、話好きの寮母さんかと小一時間くらい話をしたことがありました。

その場所は、夏目雅子の実家の近くだったらしく、彼女の母親も彼女自身も知っているとの事でした。丁度、亡くなってしばらく経ったくらいのときだと思います。

夏目雅子の母親が彼女以上に綺麗だった事。芸能界に入る時にえらく実家の反対があったこと。(何か商売をしている古い家のようなことを言っていました)そんな事を聴いた記憶をふと思いました。

この作品が最後の映画作品になるとは、思わなかったのでしょうね。残念だけれど、映画の中ではずっとその物語を綴っていくんだろうなぁ。としみじみ思う雨の夜でした。
posted by 邦画生活take-naka at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

「1999年の夏休み」深津絵里で思い出しました。

B00005LPF51999年の夏休み
宮島依里 大寶智子 中野みゆき

アニプレックス 2001-08-22
売り上げランキング : 9,146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「アンケート祭り」の女優投票の中で「深津絵里」がエントリーされていたので、この映画を思い出しました。「1999年の夏休み」(1988年公開)
まだ、中学生か高校生くらいの頃に出演した映画で、名前も「深津絵里」ではなく「水原里絵」で出演しています。

萩尾望都の名作コミック『トーマの心臓』を原作に、ガメラシリーズの金子修介監督が制作した青春映画のカルト的秀作。
出演者は4人だけで、しかも少女が半ズボンチックな少年を演じるという大胆なキャスティングで独自の世界観が確立されており、一部(私も含めて)の人に支持されている作品です。

同時期の作品で「満月のくちづけ」という作品もあります。
これも、深津絵里 少女時代学園モノの代表作品と言えると思います。
B0000D8ROE満月のくちづけ
深津絵里 金田龍 寺脇康文

アミューズソフトエンタテインメント 2003-12-05
売り上げランキング : 33,577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 邦画生活take-naka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

「ガメラ対ギロン」

B00005QWM9ガメラ対ギロン
特撮(映像)

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2001-11-28
売り上げランキング : 18,634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんばんは。日が変わってしまいましたね。さて、子供の頃は特撮モノでは「ゴジラ」より「ガメラ」の方が好きでした。ただ、夏休みとか従兄弟と一緒に映画を見に行くのですが、たいていゴジラに連れて行かれていたような気がします。ガメラは劇場で見た記憶がない・・。

映画を見られる年頃の頃は、すでに特撮ブーム後半だったかもしれないです。そういうわけでガメラは、たまにやる映画や怪獣辞典みたいなものでしか親しみがなかったのですが、個人的にはガメラのほうが好きだった。

これは個人的なというか、そういう人って多いと思うのだけれど「2番目好き」って無いですか?そうゴレンジャーの中なら「アカレンジャー」より「アオレンジャー」。「ルパン三世」より「次元」。「水戸黄門」なら「風車の弥七」※これは二番目じゃないですね^^;

そういうわけで、ガメラも大好きだったわけなんですが、ここでの紹介も「ガメラ対ギャオス」じゃなくて、あえて「ギロン」にしてみました^^;
posted by 邦画生活take-naka at 01:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

「野球狂の詩」木之内みどり主演。。。

B00006HBH2野球狂の詩
木之内みどり 小池朝雄 藤岡重慶

ジェネオン エンタテインメント 2002-10-11
売り上げランキング : 2,905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんにちは。暑いのはたまりませんね。いろいろ集中できなくなりますしね〜
さて、少し前に「エコエコアザラク」の紹介をしたのですが、その頃は「少年チャンピオン」「少年マガジン」の時代だったような記憶があります。

「少年チャンピオン」は、その中でも子供の心をぐっとつかんでおり、「ドカベン」「ブラックジャック」「エコエコアザラク」・・・などなど人気作品目白押しでした。その「ドカベン」の水島新司は「マガジン」でも名作を残しています。

「野球狂の詩」です。この作品は、プロ野球チームの東京メッツに入団した初の女性プロ野球投手の水原勇気と、老捕手の岩田鉄五郎との交流を描いた作品だ。決して順調には行かない現実とプロ野球選手という以外は、ごく普通の庶民的な女性で、作品の作りこみも良く、爽やかな作品だ。

この作品は、当時アイドルだった木之内みどり(元後藤次利夫人で現竹中直人夫人でもあります)が主役で実写版で映画化もされております。
posted by 邦画生活take-naka at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

「ねらわれた学園」薬師丸ひろ子

B00005HW76ねらわれた学園
薬師丸ひろ子 高柳良一 峰岸徹 手塚真

角川エンタテインメント 2001-03-23
売り上げランキング : 17,061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。一日空けてしまいました。夏休みラジオ体操を寝過ごして皆勤賞逃してしまったような気分。。。鉛筆セットがもらえないじゃないか!
ま、気分を取り直して、今日は角川黄金期の映画「ねらわれた学園」のご紹介です。

個人的にこの映画・・・というより眉村 卓について色々読んだ記憶があります。
いわゆる学園モノ・SFというかサスペンスですね。夏休みの読書とか言って、こういった類のものばかりを読んでいたときがありました。

この映画もトーン的には当時でも一昔前の校舎というか古い校舎が舞台になっています。やっぱり夏の読書はSFに限りますね。
眉村 卓はNHKでも、60年代か70年代?シリーズドラマ化された作品がDVDになっていますね。
posted by 邦画生活take-naka at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

本木雅弘主演「シコふんじゃった」の紹介です。

シコふんじゃった。
本木雅弘

角川エンタテインメント 2005-04-08
売り上げランキング : 2,042

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

掲示板でoneさんから「ウォーターボーイズ」のような楽しいスポーツ作品というリクエストがありましたので、「シコふんじゃった」を紹介します。当時はもっくんが「まわし」一丁で相撲をとるというミスマッチがすごく新鮮で話題作でしたね。今での充分楽しめる爽やかな青春スポーツドラマです。
posted by 邦画生活take-naka at 00:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

ターン 牧瀬理穂の演技が光る。

ターン 特別版
牧瀬里穂 中村勘太郎 倍賞美津子 柄本明 平山秀幸

by G-Tools


北村薫の「時と人三部作」の中の一作を映画化したサスペンス。交通事故に遭った真希(牧瀬里穂)は、事故に遭った瞬間、前日の同じ時刻に引き戻されてしまう。日常とまったく変わらない風景にみえるが、その世界には真希以外の人間は誰ひとり存在しなかった。同じ1日を毎日毎日、繰り返すうち1本の電話が・・・・。


posted by 邦画生活take-naka at 01:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

題名も謎。重婚って^^;昔あったのかな?ゼロの焦点

ゼロの焦点
松本 清張



※画像は書籍紹介にリンクしています。
↓amazonDVD紹介で詳しく見る。
ゼロの焦点



SMAP中居君の砂の器が流行ったため昔の「砂の器」を見てみた。松本清張シリーズで他に何か見てみようと思い、この「ゼロの焦点」というタイトルに興味しまい、レンタルビデオでかりました。なんとなく題名がすごく謎っぽくて、不思議なにおいがしたので・・・。この作品の背景は、戦後で都市部は、すでに近代化されつつあるのだけれど、田舎の方は、本当に戸籍とかちゃんと整理されているのだろうか・・?というまだ世の中がごちゃごちゃしてて、日本が立ち上がろうとしている頃の話です。レトリックと人間の気持ちの機微の描写に長けた名作だと思いますので、推理もの邦画ファンなら必見ですね。
posted by 邦画生活take-naka at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天国から来た男たち 吉川晃司って映画も良いね。

天国から来た男たち
林 洋司
インターメディア出版
2001-05


by G-Tools

※画像は書籍紹介にリンクしています。
↓amazonDVD紹介で詳しく見る。
天国から来た男たち




吉川晃司は、何でも器用にこなせる才能があるのだけれど、そういった才能によって来るオファーや要望に縛られるのを嫌がるタイプじゃないかなぁ。と思います。マイペースで自分のリズムで音楽も俳優もやって行きたいのではと思う。この映画、やる気になってくれてやったんじゃないかなぁー・・・。でも、そういうときの作品って、結構いいものができると思うし、この映画も本当にありそうな東南の国で吉川晃司がのびのび演じていますね。

ストーリーは、エリート商社マンの早坂幸平は、新たなプロジェクトのためフィリピンに出張で来ていた所、身に覚えのない、無実の罪で捕まってしまう。話せばわかってもらえるという日本の常識はここでは通用しなかった。警察も弁護士も裁判でもつぎつぎと金を要求される。無実は金で買うものだった。拘置所で彼は、くせ者の日本人たちと同じ房に入ることになった。そしてもう一人吉田という男に会う。早坂は裁判の金に困っていたところ、吉田に仕事の手伝いを依頼されて手伝う。だが…。

posted by 邦画生活take-naka at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。