DELL&HP-デル&ヒューレットパッカード パソコン購入研究所
オンライン通販ナンバー1のDELLと人気のヒューレットパッカードのパソコンを
比較してお得なお買い物を研究するブログです。



2006年10月09日

ribbon-80年代後半デビューのアイドルグループ覚えていますか?

こんばんは。こんな秋の夜は、久しぶりに80年代の出来事に思いをめぐらせましょう。

ribon.jpgみなさんは「ribbon」というグループを覚えていますか?
永作博美さんが所属していた三人グループと言ったら思い出す人も多いでしょう。

このグループは、フジテレビのタレント養成講座「乙女塾」出身のアイドルユニットとして結成され、メンバーは永作博美、松野有里巳、佐藤愛子の3人です。
1989年12月6日シングル「リトル☆デイト」でデビューし、1995年ribbon解散。

懐かしいribbon「Virgin Snow」の動画はこちらからご覧ください。

ところでアイドルのその後って気になりませんか?メンバーの皆さんの近況を調べてみました。

永作博美
ドラマ・舞台・映画等、女優として活躍中。最近の作品は、映画 「石井のおとうさんありがとう」、「空中庭園」、「天使」。テレビ NHKスペシャル「幸福2020」、ABC 「女と男と物語Part・」 、EX 「時効警察」(第4話ゲスト)
田辺エージェンシーの永作博美プロフィールページはこちらから。

松野有里巳
ribbon解散後「Les 5-4-3-2-1」のボーカルとなる。音楽プロデューサーの高橋剛(元バナナギャングス)と結婚後、芸能界を引退。
オフィシャルホームページはこちらから。

佐藤愛子
芸能界を引退後、結婚されてイギリスに在住。現在は主婦業に専念されているようです。

80年代後半にデビューし、5年間活動した彼女たちですが、解散後11年経ったのですね。11年の歳月、皆さんそれぞれの道を歩んでいるようですね。。

それでは、今日はこの辺で・・・。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif




posted by 邦画生活take-naka at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代&昭和の香>'80s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

松田聖子「Sweet Memories」今でも良い歌ですね。

こんにちは。GW明け待望のお休みも雨ですね。どこかに出かけるのも億劫な日です。

さて、少し懐かしい動画を見つけましたので、良かったらご覧ください。
松田聖子「Sweet Memories」です。音質もかなりいいです。

matudaseiko1.jpg
>>>Sweet Memoriesの動画を見る。

「スーパージョッキー」という番組の中で歌っているのもなんか懐かしいですね。

赤いスイートピー
松田 聖子 篠山 紀信
4062129094

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 12:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 80年代&昭和の香>'80s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ。徹夜明けのあなたにも。

歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~雨の慕情歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~雨の慕情
オムニバス 永井みゆき 八代亜紀

テイチクエンタテインメント 2003-01-22
売り上げランキング : 92,256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。GW最終日、あいにくの雨ですね。もう、明日は仕事ですね・・。
さて、「歌うヘッドライト」というラジオ番組をご存知でしょうか?

1974年から2001年にかけてTBSラジオなどで放送された音楽番組で、中部地方ではCBCラジオが放送をしていました。

高校時代、月曜日にレポートを提出しなければいけなかったのですが、毎回日曜日の夜から取り掛かる私は、月曜の朝まで徹夜して作っておりました。

当時は、もうラジオ全盛期の頃で、オールナイトニッポンを聞きながらやってると、第二部がオンエアされない中部地方では終わってしまい、この「歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ。」を聞いてしまう・・。というのがパターンでした。

この「コックピットのあなたへ。」というメッセージが当時のトラッカーたちの心のよりどころなのかな・・。と懐かしく思えます。

この番組が無くなった背景は、「演歌の不調=リスナー層の生活リズムの多様化」と「いすゞ自動車の経営方針の転換」らしいです。

こういう世界が今もあってもいいと思うのですけどね。。。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 12:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 80年代&昭和の香>'80s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

1982年。大ヒット曲「ルビーの指環」「シャドーシティー」「さすらい」

ReflectionsReflections
寺尾聰

東芝EMI 2000-12-06
売り上げランキング : 1,829

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。お休みの午後のひと時、いかがお過ごしですか?
今日は、懐かしい音楽のご紹介です。懐かしいと言っても25年前の曲ですね。

若い方は知らないかと思いますが、この寺尾聡のアルバムは、当時レコード大賞も受賞した「ルビーの指輪」など他、収録されており、ここからヒットしたシングルは、何曲かありました。

このアルバムは、寺尾氏が大きな病気をしてしまい、仕事もなく、家にあったものを段々と売って生活しており、もう売るものが無くなってしまい「そうだ、曲が作れるから曲を作って売り込みにいこう」と思い、レコード会社に売り込みに行ったものだそうです。

自分で歌うつもりもなかったその曲が、自分で歌うことで、その年に大ヒットしたという逸話のあるものです。

この頃のレコード大賞と言うのは、今よりかなりインパクトの強いものでありました。インターネットによる音楽配信もなく、CDなどによるコピーもなく、音楽を聴くのはTVかFMラジオが主要でした。そういう意味でアルバムレコードと言うのは、音楽、写真、メッセージなどミュージシャンが一番近く感じられるもので、皆が直接、購入してた頃のお話です。

若い世代から、当時小学生だった人たちにも、この曲は強く残っており、都会的で、渋く、見たこともないような大人の世界があるのだなぁ・・・。と感じた人たちは多かったと思います。

今では、俳優として各賞を受賞している寺尾氏ですが、この80年代の曲は、今聞いても、またいつ聞いてもいい音楽です。そういう音楽だと思います。

◆曲目リスト
1.HABANA EXPRESS
2.渚のカンパリ・ソーダ
3.喜望峰
4.二季物語
5.ルビーの指環
6.SHADOW CITY
7.予期せぬ出来事
8.ダイヤルM
9.北ウィング
10.出航SASURAI


◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代&昭和の香>'80s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

昭和テクノの最高峰「YMO」-あの頃何していました?

こんにちは。もう師走ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて、昭和という時代は、戦後〜経済成長〜バブルと激しく様相が変わる次代だったのですが、流行についても色々な事がありました。

B000793E9SL-R TRAX Live&Rare Tracks
YMO

Sony Music Direct 2005-03-24
売り上げランキング : 4,717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テクノが流行ったのもこの頃です。YMO、ヒカシュー、P-モデルなどなど、何がテクノって言うと今までと違うのがテクノなのかな?というかシンセサイザーを使った音楽がテクノなのか?みたいな感じでした。まさに「お祭り」でしたね。
「ニューウェーブ」という、もう少しロックの要素が入っている音楽をそう呼んでいたこともあったようです。シーナ&ロケッツなど。

DREAM BOX [CCCD]
SHEENA & THE ROKKETS
B00009CHDJ

またこれらの文化が書籍にも反映されていました。「宝島」「サウンドール」「ビックリハウス」などは、これらのテクノ先駆者たちが毎回表紙を飾り、特集やグラビアなどに掲載されていましたね。
というか「サウンドール」などは、途中から編集方針がテクノ一色だったよな。。

一方、こういった少し利口そうな文化の反面、「ツッパリ」「ヤンキー」文化もこの頃、大ブームとなります。むしろ「ツッパリ」の方が世の中的には主流だったと思います。「横浜銀蝿」が代表的ですが、そういった要素を持った音楽は活発でした。

T.C.R 横浜銀蠅R.S スペシャルメモリーズ
T・C・R 横浜銀蝿 R・S
B00005F7QB

「ビーバップハイスクール」もこの頃が始まりだったのではないでしょうか?また、暴走族もかなり活発であり、私は名古屋に住んでいたのですが、金曜日の夜になると、どこからこんなに集まってきたのかと思うほど200台くらいのバイクや車が走っていました。(渋滞以外は意外と一般人には無害だったようにおもいます)

ビー・バップ・ハイスクール
清水宏次朗 仲村トオル 中山美穂
B000066AEK

とりとめのない話になってしまいましたが、今日はこの辺で。お風邪などひかないように、暖かくして過ごしましょう。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代&昭和の香>'80s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

「EPOと80年代-NHK音楽夢くらぶ」を見て

EPOさんは、80年代、化粧品メーカー等とのタイアップでヒット曲を連発したシンガー。
本当は好きで始めた音楽・・・それが自分がビッグヒットメーカーとなることにより、音楽ビジネスの中で、「どうしても次のヒット曲を出さないといけない」そんな立場になってしまった。
それは、「好きな音楽を歌う」と言うことではなく、EPOの音楽ビジネスに関わる人たちすべてを担うような状況だったとか。
ある意味、それが重荷だったとも本人は、言われておりました。

B00005FE1RTRAVESSIA
EPO

ミディ 1999-12-01
売り上げランキング : 55,369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

音楽のような風に吹かれていたら
あなたが今背中越しに
呼びとめた気がして

音楽のような風のいたずらなのね
かたちもなく溶けた氷
グラスで揺れただけ
(音楽のような風:EPO)


本当に音楽の好きな人でなければ、この曲を生み出すことはできないでしょう。

音楽業界の中で、豊かな感性を瑞々しいまま残し、自分らしい音楽を作り続け、また歌い続けていくことは、アーチストにとってとても大変なことだったことでしょう。
素敵な音楽をいつまでもうたい続けてほしいと思います。

「ヒット曲を生み出していたころが一番つらかった」とのこと。それが、今いえるのは、ちゃんとした今の自分があるから。とは司会の中村雅俊さんの言葉です。

B00005V4EE情熱大陸~葉加瀬太郎 SELECTION~
TVサントラ 葉加瀬太郎 with 小松亮太 葉加瀬太郎 with 姜建華

by G-Tools

葉加瀬太郎氏とのセッションは最高でした。。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代&昭和の香>'80s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。