DELL&HP-デル&ヒューレットパッカード パソコン購入研究所
オンライン通販ナンバー1のDELLと人気のヒューレットパッカードのパソコンを
比較してお得なお買い物を研究するブログです。



2007年04月09日

大岡越前-オープニングテーマ 夕方の癒される一時。

こんにちは。しばらく忙しく久しぶりのブログ記事になってしまいました。

以前にも時代劇 大岡越前についての記事を書いたことがあるのですが、夕方学校から帰ってきて何気なくテレビを見ていると、このテーマ曲がかかり、何気なく見てしまう時代劇(再放送)ドラマでした。

大岡越前のオープニング曲を聴くと、何となく癒される気分になります。

子どものころというのは、たいして忙しくもなく、のほほんと過ごす、夕方の時間。きっと、その頃を思い出してしまうからだと思いますね。

ちなみにこの夕方の再放送ドラマ大岡越前は、1970年 - 1999年までにTBS系の『ナショナル劇場』で月曜20時〜20時54分に放送された、加藤剛が扮する江戸南町奉行大岡忠相を主人公とした時代劇を再放送したものでした。

※北大路欣也のドラマ(テレビ朝日)は、見たことがないですね・・。

▼こんなシーンのyoutubeもありました。


大岡越前 第一部
大岡越前 第一部加藤剛 竹脇無我 片岡千惠藏

竹書房 2006-03-24
売り上げランキング : 18171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大岡越前 第二部 大岡越前 大岡越前オリジナル・サウンド・トラック 叙情編 大岡越前オリジナル・サウンド・トラック ファイナル・セレクション 大岡越前オリジナル・サウンド・トラック 暗闘編


【関連記事】
・何故か夕方よく見てた「大岡越前」。。。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 23:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

巷説百物語 狐者異-京極夏彦作品ドラマ見ましたよ。

巷説百物語 狐者異こんにちは。また今日も時代劇を見てしまいました。

京極夏彦 原作「巷説百物語 狐者異」です。これも、映画だと思ってレンタルで借りたのですがWOWOW制作のドラマだったんですね。

京極夏彦原作の映画やドラマは、ほとんど見ています。一般向けでは「嗤う伊右衛門」でヒットしたのですが、自分は「怪」シリーズではまってしまいました。

今回は、監督が堤幸彦です。ある意味、トリック時代劇版みたいな感じではあるのですが、それはそれで結果的に良かったと思います。

京極作品は、妖怪や幽霊を題材に描かれるのですが、「人間の心の闇」が一番恐ろしいという考えが根底にあります。

また、江戸時代の権力や身分制度により、どうすることもできず虐げられてきた庶民の恐れや怒りが、こう言った妖怪伝説などを作り上げたのではないかとも・・考えられるようです。

【邦画生活 京極夏彦 原作作品の感想】

嗤う伊右衛門   京極夏彦 怪


巷説百物語 狐者異
巷説百物語 狐者異


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

鬼平犯科帳 山吹屋お勝 -スペシャルドラマのDVDを見ました。粋ですね。

鬼平犯科帳 スペシャル 山吹屋お勝やっぱり鬼平犯科帳は、いいなぁ。理想の上司アンケートとかよくあるけど、自分がもし聞かれたら迷うことなく「長谷川平蔵」と答えちゃうね。

何がこう引き付けられるのでしょう。
小説も結構読んだのですが、思うに、盗賊などの登場人物の影の部分が明るみに出て、見てるほうもその悲しさに直面するのであるが、パーソナリティがすごくリアリティがある。
人物像の描き方が構成や脚本からというより・・心情や人情から描いているからだろうと思う。

また、火付盗賊改の役人たちの人間模様にもリアリティがある。このドラマでは、描かれていないが業績がかんばしくない者がいたり、女とグルメに目がないものがいたり。
しかし、組織の中で、その特性を活かして活躍もしてたりする。現代にも通じるような描き方だと感じる。

この物語は、長谷川平蔵(中村吉右衛門)の従兄 三沢仙右衛門(橋爪功)が、茶屋の女中 お勝(床嶋佳子)に一目ぼれ、再婚すると言い出した。困った仙右衛門の息子が、平蔵に相談に来た。「まかせておけい」と請合った平蔵が、その女中に会ってみると、女のふるまいが妙に気にかかる。
そこで、気になった平蔵は、関宿の利八(吉田栄作)を調べにやるのだが、当の利八がお勝と共に姿をくらませてしまう・・・。
実は、利八とお勝は、かつて盗賊同士恋焦がれた仲だった・・・。

江戸の市井も日のあたる場所では、普通に暮らしているのであるが、人間の性というか哀しい出来事が陰には、あるのでしょう。
時代が変わっても同じなのかもしれませんが。

しかし、哀しさの中、すっきりした後味は、鬼兵の罪状には毅然とした姿勢で立ち向かいながらも、人情味ある裁き。ということなのでしょうか。
また、エンディングのyoutubeも載せておきます。

鬼平犯科帳 スペシャル 山吹屋お勝
鬼平犯科帳 スペシャル 山吹屋お勝


鬼平犯科帳 サントラ
鬼平犯科帳


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

「チェオクの剣」最終回。ブログも完結!?

チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)チェオクの剣 DVDプレミアムBOX (初回限定生産)
ハ・ジウォン イ・ソジン

NHKエンタープライズ 2006-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんばんは。今夜の名古屋は寒いですね。久々の執筆でございます。

さて、韓流で申し訳ないのですが、実は「チェオクの剣」という韓国時代劇ドラマのブログもずっと書いてきておりました。昨日このドラマが最終回を向かえ、ブログも終了?と言うことになろうかと思います。

こちらチェオクの剣 茶母話人 -TAMOWAJIN-がブログです^^;

出演者の事など少しずつは書いていこうと思いますが、毎週の感想なんかはもうかけないですしね。。少し寂しい気もしますが、14話というドラマにしては短い回数だったのですが、韓国では大人気で、日本では、NHK-BSでオンエアしておりました。

今年の5月には映画として公開されるようです。DVDもリリースされましたので、ぜひ見てみるといいですよ!おすすめです!

では。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

「チェオクの剣」またブログ作りました。。。

こんばんは。もういい加減にしたいんですけど、またブログを作ってしまいました。
管理できるかわかりませんが、取りあえず出来てしまったので。。。取り組んでまいります^^;

邦画に全然関係無いんですけど、NHK−BSで「宮廷女官 チャングムの誓い」の後に始まった「チェオクの剣」のファンブログです。画像を結構使っちゃったりして、まずいんですけど、まあ、応援ブログとして公開しております。

よろしかったら見てくださいませ。。。
チェオクの剣 韓国ドラマの感想を語るブログ

このドラマは、チャングムの時代の約100年後の時代で17世紀後半。時代の雰囲気は、チャングムとほとんど変わりません。

4144071391チェオクの剣
NHK出版

日本放送出版協会 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

主人公のチェオクは、捕盗庁(ポドチョン=当時の警察)の茶母(タモ=役所の下働きの女性)として働き、彼女の聡明さとずば抜けた武術の腕が認められ、犯罪事件の捜査で活躍する女性。
上司のファンボ・ユンとは身分の違いがあるものの兄妹同然に育ち、互いに思いを秘めた間柄で、様々な事件に取り組むとともに、自身の宿命とも向き合う。

身分制度の厳しい時代に下級身分の女性がヒロインという意味では、チャングムと共通しているかもしれませんが、ワイヤーアクションや映像の斬新さでは、若い人向けのスピード感もあったりします。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif
posted by 邦画生活take-naka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

内山理名「大奥」。。シリーズ3作目になるのかな。

こんにちは。夜更かしせずに早く寝ましょうね。。
さて、内山理名さんの「大奥」いいですね。これで「大奥」は3シリーズ目なのですが、綱吉の時代。女の権謀術数が繰り広げられる世界です。

「幕末の女たち」は、幕末の女たちとして家定(北村一輝)を取り巻く、幕府とともに崩れ逝く大奥を篤子(菅野美穂)の立場を通して、時代に翻弄される男、女を描いておりました。
B000657Q38大奥スペシャル~幕末の女たち~
菅野美穂

ポニーキャニオン 2004-11-17
売り上げランキング : 7,486

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「第一章」は、大奥ができるまで。。。こちらは、三代将軍徳川家光の大奥を舞台に、大奥至上最も有名で、かつ最強の女帝“春日局”を中心に松下由樹、瀬戸朝香、星野真理が出演。
B0007LOYHM大奥 第一章 DVD-BOX
松下由樹 瀬戸朝香 星野真里

ポニーキャニオン 2005-04-27
売り上げランキング : 11,279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして、今回は・・・という感じですね。
今回の綱吉(谷原章介)、安子(内山理名)は、キャスティング良いポイント抑えていますね。
今後の展開が楽しみです。

この二人のそれぞれの出演作品を「邦画生活」本サイトで紹介しておりますよ。
>>>「卒業」内山理名 出演
>>>「スカイハイ」谷原章介 出演
posted by 邦画生活take-naka at 02:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

何故か夕方よく見てた「大岡越前」。。。

B00005V2CC大岡越前
TVサントラ

キングレコード 2002-02-28
売り上げランキング : 98,354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日、鬼平のコメントを書いたので調子に乗って、もう一本。「大岡越前」について、みんなで大いに語ろうではないか!(自分だけで語りますね)

さて、この大岡越前は、みなさん夕方よく見てなかったですか?私が住んでいた東海地域では、夕方というば、この大岡越前か水戸黄門というのが定番でしたね。「んーんー♪んんんんんーん♪」というハミング?のテーマソングは、これから始まるストイックな男の時代劇の予感をさせてくれました。

また、この大岡越前のキャスティングも好きだ。親友の人情派 町医者:伊織に竹内無我。お城をこそっと抜け出して、ちょっとへまをしてしまう(財布を取られたりなど)の徳川吉宗(上様)に山口崇。妻:雪絵に元祖お嬢様女優、酒井和歌子(7部8部)。永遠に変わることのないようなキャスティングではないでしょうか。

静かでストイックでありながら、心温まる大岡裁き。じんわりすっきりする夕方でしたねぇ。
posted by 邦画生活take-naka at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

「鬼平犯科帳」時代劇最高峰と思ふ。

B00005V2QR鬼平犯科帳 第1シリーズ《第12話スペシャル》
中村吉右衛門 池波正太郎

松竹 2002-02-21
売り上げランキング : 22,073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

時代劇でこれほどまでに完成度の高いドラマはないであろう。個人的には大岡越前や水戸黄門のようなお茶の間時代劇も好きなのではあるが、鬼平は、ダンディズムでこれほどもでに江戸文化を継承している作品は無いように思える。映画も含めて。

長谷川平蔵は実在の人物のようで、人足寄場を作ったりした裕福な旗本だったと何かの本で読んだ記憶がある。いわば治世の能臣だったのかもしれない。
作品では、記録に残らない人情や歴史に残らない人たちと平蔵との係わり合いの中で、ふんだんに江戸の文化や人情を見ることが出来る。

また、この作品のエンディングに心を打たれた人は多いのではないでしょうか?
江戸の市井の中で暮らす人たちの日常が四季を通じて描かれている。
川辺の桜の中を歩く着物姿と川を通る船。夏、夜空に浮かぶ花火が映る川の模様。秋の寺模様。雪の中を夜鳴きそばを食べる人。それは、あたかも自分が見てきた風景のように映るのは、西洋文化で育った私たちも、やはり日本人の心は受け継がれているということであろうか。
posted by 邦画生活take-naka at 00:33| Comment(4) | TrackBack(1) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

掟破り・・韓流注目ドラマに少々関心アリ。宮廷女官チャングムの誓い

韓国で視聴率50%以上を誇った「宮廷女官 チャングムの誓い」。冬のソナタに続いて現在、NHK BS2でオンエアされていますがNHK地上波でオンエアされたらブレイクしそうなドラマに少々はまっております・・。

邦画専門と言う当サイトですが、このドラマについては特例としておススメします。
BSに加入している方は一度見てはいかがでしょうか?

実話に基づいた歴史ドラマでもあります。16世紀初頭の朝鮮王朝。母の遺志を継ぎ、宮廷料理人の頂点を目指すヒロイン、チャングムが主人公。
宮廷内の権力争いに翻弄されつつも、やがて医学を学び、最後には王の主治医という地位に登りつめるサクセスストーリー。
実在の女性医師チャングム(長今)をモデルに、料理や健康に関する情報をおりまぜ、韓国では老若男女の幅広い支持を得て50%を超える視聴率を獲得した話題作。

NHK海外ドラマ 宮廷女官 チャングムの誓い

ブログランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
blollankingg

blollanking

posted by 邦画生活take-naka at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。