2005年07月04日

役者「小林桂樹」について

4948735604演技者―小林桂樹の全仕事
小林 桂樹 草壁 久四郎

ワイズ出版 1996-12
売り上げランキング : 705,060

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今でこそ、お爺さん役がしっかり板についている小林桂樹。少し前、ツーカーのCMで年配者向けのシンプル機能携帯電話を使うお爺ちゃん役をやっていた。昔は、日本の爺さんの象徴は森繁久弥だったが、今はこの小林桂樹なのであろう。

そんな爺様としてしか、リアルタイムでは知らないのであるが、この小林桂樹は、様々な役をやってきた役者だ。とってもユニークな役者人生だと思う。

この人は、上京して俳優になるが中々芽が出ず、そのうち第二次世界大戦になり出兵している。その後、森繁久弥で有名な社長シリーズで若手で誠実な感じで、ちょっとモテる二枚目半の役で注目を浴び、映画やTVになくてはならない存在になる。変わった役柄として、友人の妻との不倫をし誤って、その人妻を殺してしまうと言うショッキングな映画の主役もやってる。

TVシリーズでもロングランの番組を担当したり、自分のスタイルを保ちながら、新しい演技をしていく役者なのであろう。古い作品を紐解いてしっかり見てみたい役者だと最近思ってる。
posted by 邦画生活take-naka at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・俳優のお話>男優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。