2007年05月19日

蛇イチゴ(西川美和 監督)の感想を追加しました。

蛇イチゴこんにちは。週末の天気は、穏やかで良かったですね。少しブログの記事を書くペースがゆるりとなってしまっておりますが、お許しください。

さて、邦画生活に「蛇イチゴ」の批評を追加しましたので、ご連絡いたします。この作品は、「ゆれる」の西川美和 監督のデビュー作です。また、自作脚本の作品でもあります。

彼女は、映画製作を志し、映画制作会社などを受けるもことごとく落ちたのですが、テレビマンユニオンの面接官だった是枝裕和監督に意気込みを買われ、映画「ワンダフルライフ」にフリーのスタッフとして参加し、是枝監督に見出された注目の女性監督です。

「蛇イチゴ」と「ゆれる」は、自作オリジナル脚本なのですが、いずれも自身が見た夢が題材となっているそうである。

「蛇イチゴ」では「邪険にされる犬」をモチーフに。「ゆれる」では「友人の殺人現場を目撃する自分」をモチーフになったそうです。
男性から見ると怖くなるような題材がモチーフだったりするのですね。

>>>蛇イチゴ感想レビューはこちらから。


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 22:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 邦画生活アップ 案内>ポピュラー作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

蛇イチゴ
Excerpt: ★★★★  西川美和監督の処女作であり、彼女がこの作品を撮ったのは、若干28才のときである。さすがに脚本から、青臭く世間知らずな香りが漂っていたが、この年令では仕方無いだろう。 だがそれが妙に新鮮で、..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2007-07-16 15:04

蛇イチゴ/西川美和/2002年(日本)
Excerpt: 蛇イチゴ 何はともあれ、ラストシーンで絶句、感動だ。 キャラクターはベタ。 どこにでもありそうでなさそうな、絵に描いたような幸せな家庭。 リストラされたことを家族に隠し借金を重ねる父。 介護に疲れ果..
Weblog: 私的映画評論空間
Tracked: 2007-07-17 00:52

損と嘘
Excerpt: 「蛇イチゴ」を観た。 明智家の朝食。その席で倫子は父親に念を押す。今晩は交際相手を家に招くので残業せずに早く帰ってくるように、と。 芳郎と倫子が出た後、食卓に残ったのは認知症の症状を見せる京蔵と、..
Weblog: MESCALINE DRIVE
Tracked: 2008-08-12 23:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。