2007年02月10日

鬼平犯科帳 山吹屋お勝 -スペシャルドラマのDVDを見ました。粋ですね。

鬼平犯科帳 スペシャル 山吹屋お勝やっぱり鬼平犯科帳は、いいなぁ。理想の上司アンケートとかよくあるけど、自分がもし聞かれたら迷うことなく「長谷川平蔵」と答えちゃうね。

何がこう引き付けられるのでしょう。
小説も結構読んだのですが、思うに、盗賊などの登場人物の影の部分が明るみに出て、見てるほうもその悲しさに直面するのであるが、パーソナリティがすごくリアリティがある。
人物像の描き方が構成や脚本からというより・・心情や人情から描いているからだろうと思う。

また、火付盗賊改の役人たちの人間模様にもリアリティがある。このドラマでは、描かれていないが業績がかんばしくない者がいたり、女とグルメに目がないものがいたり。
しかし、組織の中で、その特性を活かして活躍もしてたりする。現代にも通じるような描き方だと感じる。

この物語は、長谷川平蔵(中村吉右衛門)の従兄 三沢仙右衛門(橋爪功)が、茶屋の女中 お勝(床嶋佳子)に一目ぼれ、再婚すると言い出した。困った仙右衛門の息子が、平蔵に相談に来た。「まかせておけい」と請合った平蔵が、その女中に会ってみると、女のふるまいが妙に気にかかる。
そこで、気になった平蔵は、関宿の利八(吉田栄作)を調べにやるのだが、当の利八がお勝と共に姿をくらませてしまう・・・。
実は、利八とお勝は、かつて盗賊同士恋焦がれた仲だった・・・。

江戸の市井も日のあたる場所では、普通に暮らしているのであるが、人間の性というか哀しい出来事が陰には、あるのでしょう。
時代が変わっても同じなのかもしれませんが。

しかし、哀しさの中、すっきりした後味は、鬼兵の罪状には毅然とした姿勢で立ち向かいながらも、人情味ある裁き。ということなのでしょうか。
また、エンディングのyoutubeも載せておきます。

鬼平犯科帳 スペシャル 山吹屋お勝
鬼平犯科帳 スペシャル 山吹屋お勝


鬼平犯科帳 サントラ
鬼平犯科帳


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif





posted by 邦画生活take-naka at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。