2007年01月15日

華麗なる一族-木村拓哉主演の実話をモデルにしたといわれているドラマ。

華麗なる一族こんにちは。「華麗なる一族」が始まりましたね。今日の昼間に映画版の本作を見て、今の時代、どう作りこむのかなとドラマを楽しみにして見ています。

舞台は、昭和40年前後の日本が一番元気なころのお話で、この頃から高度経済成長が始まります。「鉄」「工業」などが主役の時代ですね。

ストーリーは、万俵コンツェルン総裁にして阪神銀行頭取・万俵大介(北大路欣也)は大いなる目的を果たそうとする一方、ある時からどす黒い疑惑を胸にきざす。自らの飽くなき野望の為、また憎しみと復讐の為、大介は巧妙な陰謀をはりめぐらせる・・・。

といったもので、主人公 鉄平(木村拓哉)との親子の確執と企業の興亡、その一族を描いたものですが、白い巨塔の作者 山崎豊子の小説であり、徹底した取材による実話をもとにしたとされています。

この小説に出てくる鉄平(木村拓哉)が専務の会社である、阪神特殊鋼は山陽特殊製鋼をモデルにしたと言われており、又、阪神銀行(架空)は神戸銀行をモデルにしたといわれています。

そして、この小説の阪神銀行頭取の万俵大介を始めとする万俵一族のモデルは神戸銀行頭取の岡崎家だと言われています。

なお、山陽特殊製鋼は1974年には会社更生に成功し、1985年には東証1部に再上場を果たしました。
また、神戸銀行は、太陽神戸銀行、太陽神戸三井銀行、さくら銀行といった合併を繰り返し、現在は、三井住友銀行となっています。

※岡崎家
神戸・岡崎家であるが、舞台となっている、その邸宅は現在「神戸市立須磨離宮植物園」。 あの広大な丘がすべて岡崎家だったわけです。

岡崎家は海運業で身を興し、神戸岡崎財閥として

・神戸銀行(現在は吸収され三井住友銀行:ドラマでは阪神銀行)
・山陽特殊製鋼(1965年倒産、その後再生:ドラマでは阪神特殊鋼)
・同和火災(現在では日本生命傘下のニッセイ同和損保)
・ダイハツ自動車

などの経営に携わっていました。今現在、経営第一線に残っているのは、岡崎真雄ニッセイ同和損保名誉会長だけとなっている。

岡崎名誉会長は、神戸銀行頭取だった岡崎忠氏の子息である。岡崎忠氏はドラマでは万俵大介(配役は北大路欣也)という名前となっている。

華麗なる一族
山崎豊子 山田信夫 山本薩夫
B0002TT0RI

華麗なる一族〈上〉
山崎 豊子
4101104123

華麗なる一族〈中〉
山崎 豊子
4101104131

華麗なる一族〈下〉
山崎 豊子
410110414X



◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif






ラベル:華麗なる一族
posted by 邦画生活take-naka at 01:17| Comment(0) | TrackBack(3) | 秀作ドラマ紹介>家族&青春&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

華麗なる一族
Excerpt: とうとう始まりました・・・キムタクの社会派ドラマ。
Weblog: エンタメスクープ 芸能 新聞 ニュース ドラマ に主婦吠える
Tracked: 2007-01-15 10:06

ドラマ『華麗なる一族』のモデルの家も、須磨にあったんです
Excerpt: 昨日エントリーしました取り壊しの怖れのある須磨室谷邸のある離宮道付近ですが、実は
Weblog: 余は如何にして道楽達人になりしか
Tracked: 2007-01-22 23:41

木村拓哉 ドラマ画像動画最新情報
Excerpt: 華麗なる一族-木村拓哉主演の実話をモデルにしたといわれているドラマ。 といったも...
Weblog: 木村拓哉 画像動画情報ブログ
Tracked: 2007-03-11 19:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。