2010年03月25日

生誕百年-太宰治短編小説集 NHK 太宰の小説を現代の映像で綴る。

「生まれてすみません」と始まる「太宰治 生誕百年 短編小説集」がNHK-BS2で放送されています。名作品を実写ドラマ、アニメなどで映像化されいるもので、昨年放送された作品と一緒に放送されているようです。


(短編小説集:女生徒 Youtube:過去に放送されたもの)

新井浩文 主演「犯人」、高橋マリ子 主演「きりぎりす」、「トカトントン」(アニメ)の三作品を見ました。

太宰作品の、一つひとつのセリフは、どこか心に突き刺さる「トゲ」がついているような表現であり、短い文章でありながら、心に引っかかる感覚を覚えます。

それは、ネット社会に触れる機会が多い私たちに新鮮な感触を与えてくれます。

さらに映像は美しくモダンであり、現在なのか過去なのかも判別ができないような感じで「太宰ワールド」にのめり込める作品でございました。

NHKオンライン 番組案内

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

文藝春秋 2000-10
売り上げランキング : 6459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



ラベル:太宰治 NHK 小説
posted by 邦画生活take-naka at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>刑事モノ&パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。