2009年07月19日

本仮屋ユイカの普通な魅力。

motokariya_yuika.jpgこんにちは。夏休みの季節ですね。最近は、DVDレンタルも1本100円のキャンペーンとかやってて、まあそんなにお金も使わずに済むし、「家にこもって映画でも見るか」と言う人も多いかもしれませんね。

さて、先日見た「吉祥天女」のなかで、印象に残ったのが『本仮屋ユイカの普通な魅力』です。

女優と言うと、もう20歳前後で、艶やかさと言うか色気と言うか・・・そういう人もいるんだけれど、本仮屋ユイカの場合は、普通の18歳(2007年撮影当時。現在は、21歳)らしく、年相応の魅力が感じられました。

そういう意味では、年齢とともに魅力のある女優になって行く様な気がするのですが、どうでしょうか。
爽やかですしね。

まあ、そんな魅力が評価されてか、信用組合のTVCMにも起用されていてます。

Youtube 信用組合CM 本仮屋ユイカ

確かに信用組合の方々に好まれそうなキャラクターですね。笑

本仮屋ユイカは、NHK朝の連続テレビ小説『ファイト』で主役を務めたのですが、ほとんどのTV小説を見ているのですが、この頃、少し多忙で、この作品だけ残念ながら見ていません。いつかまとめて見たいと思ってます。

yuika_motokariya.jpgで、知り合いから指摘されるまで分からなかったのですが、本仮屋ユイカは、スウィングガールズにも出ていました。

そう、メガネをかけたトロンボーンを担当した関口香織 役です。
可愛らしいのですが、この普通さで、メガネをかけたら、本当に普通ですね・・・。

さらに映画では、無口なんだけれど、トロンボーンを演奏させたら結構上手だったという配役だったので、セリフも少なめで、むしろ表情で演技するという感じでしたし。

ちなみにこの映画のキャンペーンで「スィングガールズ アンド ア ボーイ」が各地に出かけて(海外にも!)演奏会を開くわけですが、その後に質問コーナーみたいなのがありました。スカパーか何かで見たのですけど。

そこで、矢口監督に対して「このストーリーは、どうやってできたのですか?」というような質問があり、監督は、色んな人(一般の人ですね)のインタビューを行い、その中のいくつかのエピソードを元にストーリーを作ったといってました。

さらに「だから、スィングガールズがおばあさん達がやったというエピソードがあれば、おばあさん達の内容になっていたかもしれません。」だそうです。

そう考えると、映画のような華やかさはないのだけれど、原案となったエピソードとかがあるのでしょうね。

話がそれたのですが、ああ、そう言われれば、本仮屋ユイカも出てたね。というのが『本仮屋ユイカの普通な魅力』だと思う。けど、最近こんな事ばっかり言ってる様な気もする。

▼はい。スウィングガールズの感想も書いてます。
スウィングガールズ 邦画生活感想

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



ラベル:本仮屋ユイカ
posted by 邦画生活take-naka at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・俳優のお話>女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。