DELL&HP-デル&ヒューレットパッカード パソコン購入研究所
オンライン通販ナンバー1のDELLと人気のヒューレットパッカードのパソコンを
比較してお得なお買い物を研究するブログです。



2009年07月26日

日本映画は風景を描く?

こんにちは。しばらく前にCNET JAPANの佐々木俊尚 ジャーナリストの視点と言うブログの記事で個人の狂気を見い出すフィルタリングシステムという記事を読みました。

この記事では、メディアの構造変化により、メインストリームから外れた場所で何かを生み出してきた日本人が、これからどんな変化をもたらすのか。その国民性を土壌にした視点での興味深い意見ですが、インターネット社会という難しい部分はさておき、映画作りについて興味深い例えが載っていたので紹介しておきます。

「アメリカ映画は物語を描き、フランス映画は人間関係を描き、日本映画は風景を描く」

一概には言えないですが、確かにそういう側面もあるなぁー。と思います。

一番共感したのは、アメリカ映画って、もうマーケティングされつくされたストーリーで、どうも作為的で好きになれなかったのですが、国民性を背景に言われると、「なるほど」と思います。

また日本映画については、次のように述べられています。

「(日本映画は)目の前に起きているさまざまな社会問題や人間関係の葛藤、他人の苦しみ、さらには自分の痛み。われわれにとってはそれらはすべて「風景」だ。どんなに深く関わろうとしても、しかしどうしてもコミットしきれない所与のものとして、われわれのまわりの事象はそこにある。だから日本映画には、向こう側に突き抜けられないことによる透明な悲しみが漂っていて、それがある種の幽玄的な新鮮な感覚として欧米人に受け入れられている。」

日本映画は、もちろん日本人を描いたものであるから、普段の日本人の生活や人との関わり方がテーマになるわけなので、そういうことになるのかもしれません。

でも、ただ風景であるだけではなくて、「内面的な昇華」という観点もあるように思うのですが、どうでしょうか。

現実を風景として、またシニカルに受け入れる。だけど何らかの変化を内面で帰着しているのが日本映画の余韻を残す部分で好きなんですけど、まあ、文化とか経済とかの説明には、使いにくい部分かもしれないですね。


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>煩悩と随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

本仮屋ユイカの普通な魅力。

motokariya_yuika.jpgこんにちは。夏休みの季節ですね。最近は、DVDレンタルも1本100円のキャンペーンとかやってて、まあそんなにお金も使わずに済むし、「家にこもって映画でも見るか」と言う人も多いかもしれませんね。

さて、先日見た「吉祥天女」のなかで、印象に残ったのが『本仮屋ユイカの普通な魅力』です。

女優と言うと、もう20歳前後で、艶やかさと言うか色気と言うか・・・そういう人もいるんだけれど、本仮屋ユイカの場合は、普通の18歳(2007年撮影当時。現在は、21歳)らしく、年相応の魅力が感じられました。

そういう意味では、年齢とともに魅力のある女優になって行く様な気がするのですが、どうでしょうか。
爽やかですしね。

まあ、そんな魅力が評価されてか、信用組合のTVCMにも起用されていてます。

Youtube 信用組合CM 本仮屋ユイカ

確かに信用組合の方々に好まれそうなキャラクターですね。笑

本仮屋ユイカは、NHK朝の連続テレビ小説『ファイト』で主役を務めたのですが、ほとんどのTV小説を見ているのですが、この頃、少し多忙で、この作品だけ残念ながら見ていません。いつかまとめて見たいと思ってます。

yuika_motokariya.jpgで、知り合いから指摘されるまで分からなかったのですが、本仮屋ユイカは、スウィングガールズにも出ていました。

そう、メガネをかけたトロンボーンを担当した関口香織 役です。
可愛らしいのですが、この普通さで、メガネをかけたら、本当に普通ですね・・・。

さらに映画では、無口なんだけれど、トロンボーンを演奏させたら結構上手だったという配役だったので、セリフも少なめで、むしろ表情で演技するという感じでしたし。

ちなみにこの映画のキャンペーンで「スィングガールズ アンド ア ボーイ」が各地に出かけて(海外にも!)演奏会を開くわけですが、その後に質問コーナーみたいなのがありました。スカパーか何かで見たのですけど。

そこで、矢口監督に対して「このストーリーは、どうやってできたのですか?」というような質問があり、監督は、色んな人(一般の人ですね)のインタビューを行い、その中のいくつかのエピソードを元にストーリーを作ったといってました。

さらに「だから、スィングガールズがおばあさん達がやったというエピソードがあれば、おばあさん達の内容になっていたかもしれません。」だそうです。

そう考えると、映画のような華やかさはないのだけれど、原案となったエピソードとかがあるのでしょうね。

話がそれたのですが、ああ、そう言われれば、本仮屋ユイカも出てたね。というのが『本仮屋ユイカの普通な魅力』だと思う。けど、最近こんな事ばっかり言ってる様な気もする。

▼はい。スウィングガールズの感想も書いてます。
スウィングガールズ 邦画生活感想

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



ラベル:本仮屋ユイカ
posted by 邦画生活take-naka at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・俳優のお話>女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

真中瞳のココニイルコト。

manaka_hitomi.pngこんにちは。しばらく前の記事なのですが、真中瞳が芸能界を引退していた、「海外留学から帰国後はOL生活」報道。と言う記事を見ました。

すっかり普通に舞台とかで活躍してるのかなと思っていたら、引退していたんですね・・・。

「進ぬ!電波少年」から「ニュースステーション」のスポーツキャスター。で、ドラマ「編集王」に出演(これも結構好きで見てました。視聴率は低かったけど。)。

2001年には、映画「ココニイルコト」で主演を演じました。この映画で第26回報知映画賞新人賞を受賞しています。

確かに、目まぐるしく変わっていく自分の評価に対して、自分を見つめ直してみたくなる気持ちは、分からないでもないです。

この「ココニイルコト」って、結構好きな映画で、自分がここにいる意味を暖かい人間関係の中で感じると言うか、「居場所がここなんだな」と主人公が分かるという映画です。

真中瞳の淡々とした演技も本当にどこかにいそうな感じがするし、堺雅人の演技も素敵です。

この映画は、邦画生活の感想にも書いたのですが、ノンフィクションライター最相葉月の実話エッセイ集の中の「わが心の町 大阪君のこと」(なんといふ空)をもとに、恋にもならない、ほのかな気持ちが優しく表現されています。

また、それは、暖かくもあり、せつない思い出でもある。ぜひ、見てもらいたい作品です。

で、真中瞳のこの「ココニイルコト」という映画を思い出してみると、彼女の今の居場所が、きっと、自分が居心地がよく、自然な場所なんだろうなぁーと思うし、それが彼女の出した結論なんだなと感じます。(ファンとしては、少し残念ですが)

ココニイルコト [DVD]ココニイルコト [DVD]
長澤雅彦

バンダイビジュアル 2002-01-25
売り上げランキング : 3633

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・俳優のお話>女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

吉祥天女-邦画生活にレビューをアップしました。

こんにちは。久しぶりに邦画生活レビューを更新しました。これからもマイペースで更新していきたいと思います。

以前マンガのレビューでも書いた事があったのですが、その映画版「吉祥天女」です。下のYoutubeが予告編ですね。



吉田秋生の作品を忠実に映画化して、コンパクトにまとめられています。

「吉祥天女」邦画生活の感想はこちらから。

posted by 邦画生活take-naka at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画生活アップ 案内>ヤング作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

吉田桂子のひとり芝居でドキドキしますか?NHK連続テレビ小説「つばさ」に出てますね。

吉田桂子こんにちは。何故かもう欠かさずNHKの連続テレビ小説「つばさ」を見ているのですが、みなさん見ていますか?

で、そのドラマの中でヒロイン つばさ(多部未華子)の隣に住んでいる幼馴染の宇津木万理(吉田桂子)が気になります。

ヒロイン つばさの彼氏に片思いして・・・ちょっと不器用な行動が家族同士のトラブルになったりしていますね。

それで、何故、この子が気になるのかと言うと・・何ていうか・・・ヒロインをひいきにすると何かベタな感じだし、脇役の子で可愛い子って、ちょっと気になったりしませんか?

クラスの一番可愛い子より、二番目三番目に可愛いこの方が気になると言う、人とは違うぞポリシーの人は多いのではないでしょうか?笑

その「吉田桂子のひとり芝居」というシリーズがYoutubeに載っていましたので貼っておきます。



どうでしょう。ちょっとトキメキましたでしょうか?笑

この吉田桂子って「どっかで見たことあるなぁー」と思っていたのですが、リクナビのCM「山田悠子の就職活動編」に出ていました。
ちょっと、できない子っぽいところが可愛く演出されてますね。



詳細のプロフィールは、吉田 桂子(よしだ けいこ、1983年7月5日 - 25歳)、血液型 B型。
神奈川県厚木市出身で事務所は、アミューズ所属だそうです。

さくや妖怪伝」で、はな姫 役で出演してたらしいですけど、全然覚えていません。

そう、よく記憶をたどらないと思い出せないような普段着な存在感がこの子の魅力なんだと思う。

posted by 邦画生活take-naka at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・俳優のお話>女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。