DELL&HP-デル&ヒューレットパッカード パソコン購入研究所
オンライン通販ナンバー1のDELLと人気のヒューレットパッカードのパソコンを
比較してお得なお買い物を研究するブログです。



2006年10月31日

名古屋の町の界隈性について-覚王山が少し変わってきたかな。

こんばんは。なかなか筆が進まず久しぶりの記事になります。

僕は名古屋に住んでいるのですが、たまに東京に行くと、その街づくりの考え方の違いに、すごく不思議な思いをすることがあります。

東京の駅は、駅とその町とが一緒になって発展してきたように感じることが多いです。駅が商店街などの中にあったりして、出入り口の近くまでお店が立ち並んでいる。馴染みすぎていて、見落としてしまうほどだと思う。

fukiage.jpg一方、名古屋の駅は、街の界隈から独立したような存在が多く、お店があったとしても少し離れた場所だったり、またあまりにも機能的に駅に組み込まれたりしている。まあ、駅前新開発で、できた店に囲まれているような感じです。

いつも使っている駅で「吹上駅」という地下鉄の駅があるのですが、出口が葬祭センターとつながっていたりして、葬祭センターへ訪れる人にとっては、便利といえば便利なんだろうけど・・・本気でその地域の人や普段その駅を使う人のことを考えているのかと思ってしまう。

kakuouzan3.jpgそんな中で、最近少し変わってきているなぁと思うのは、覚王山駅周辺です。
この街は、おもに日泰寺へ参拝する人たちで賑わって来た町なのですが、少し前から文化的、アート的なお店などができ始め若者たちを呼び込んでいます。周辺は、閑静な住宅街になっているのですけどね。

この街で色々店を散策していると、知らない間に住宅街に入ってしまったりして、でも少し散策すると、また「何だろう」と思わせるような店が出現したりします。

kakuouzan1.jpgいわゆる「界隈性」があるのですね。こういった街は、東京ではよくあるのですが、名古屋でも少ないように思います。一時期、本山という街がそういう雰囲気を出そうとしていたんですが、何だかいつまでたっても終わらない道路工事のおかげで街としての魅力は、少し忘れられているような感じです。

先日の日曜日午前中に覚王山周辺を通ったのですが、若いアベックなどが散策しながらデートしている光景を見ました。
少し前にも書いたのですが、地域商店街でのイベントによる活性化も成功しているようです。訪れる距離に住んでいる方は、ぜひ足を運んでみてもいいかもしれませんね。

まちづくりの新潮流―コンパクトシティ/ニューアーバニズム/アーバンビレッジ
松永 安光
4395006639

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>煩悩と随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

運命じゃない人-映画批評をアップしました。

こんばんは。しばらく前に見た作品なのですが「運命じゃない人」映画の批評をWEBサイトにアップしましたので、ご報告します。

unmei-Opt.gifこの作品は、PFFスカラシップ作品として制作され、カンヌ国際映画祭で、フランス作家協会賞など4賞を受賞した逸品。監督は、劇場映画デビューとなる内田けんじ。

ストーリーは、ある一晩の物語を、5人の登場人物それぞれの視点で、時間も縦横に行き来しながら描いていく。
彼女にふられたサラリーマンが、親友である探偵にレストランに呼び出され、婚約を破棄されたばかりの見知らぬ女性と意気投合。その裏では、ヤクザの組長が絡む、もうひとつの事件が進行していた・・・。

誰でも楽しめる作品で、緻密な脚本で練り上げられており、単純に楽しめる映画だと思いますよ。

>>>運命じゃない人の感想レビューはこちらから。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif




posted by 邦画生活take-naka at 19:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画生活アップ 案内>ヤング作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生忘れない物語-「Million Films」などコブクロ作品ドラマを見ました。

こんにちは。肌寒くなりつつある季節ですが皆さんいかがお過ごしですか?

さて、何気なく夕方テレビを見ていたら「一生忘れない物語」コブクロの曲をドラマ化したスペシャル番組がオンエアされていたのを見てしまいました。
関東地区では、10月初旬にオンエアされているようなのですが、こちら東海地区では、名古屋テレビで今日、放映されたのですね。

気づくのが遅くて一話目を見逃してしまったのですが「Million Films」という二話目の作品がとても良かったです。
オムニバス形式なので、ショートストーリーなのですが、「もう少し長くして欲しい」と思わせるほど、テレビ朝日作品にしては、かなり洗練されているドラマのように思います。(笑)

million films.jpg「Million Films」
16歳の誕生日控えた高校生 あおい(成海璃子)は密かに同級生で幼馴染の優介(栩原楽人)に恋心を抱いていた。ある日、優介から「誕生日のプレゼントって何が欲しい?」と聞かれ、買い物に付き合うことになる。

すっかり自分の誕生日プレゼントだと思い浮かれるのであったけれど、放課後に偶然、優介が先輩 歩美(小松彩夏)に誕生日プレゼントを渡し、告白する場面を見てしまう・・・。

真っ青な空、深い緑・・大きく咲くひまわり。夏の甘酸っぱくも優しい物語として、すっきりとした青春ドラマとしてよくできています。
再放送またはDVD化されたら良いですね。
山梨県甲府市などでロケ撮影を行っているらしいです。


また、他の作品は「そこにいた風」(主演 管野美穂)「永遠にともに」(主演 原沙知絵)。「永遠にともに」も見たのですが、これも良い作品でした。

ショートストーリーは、後半の急展開で「実は・・」とか主人公の思わぬ行動など、想像できない展開が上手い具合にはまると、気持ち良く見ることができますね。
二作品しか見れなかったのですが、この辺の展開は上手く引き込まれますよ。

>>>テレビ朝日一生忘れない物語 オフィシャルページはこちらから

ALL SINGLES BEST (初回限定盤)(DVD付)ALL SINGLES BEST (初回限定盤)(DVD付)
コブクロ

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-09-27
売り上げランキング : 846

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

成海璃子 2006年度 カレンダー
4777420493

このドラマはプロデューサーがコブクロのライブに訪れたとき、演奏された過去の名曲群を聞くうちに、それぞれの曲から次々とドラマのストーリーの着想を得て、若手クリエーターたちにこのドラマ企画の原型を話したところ、次々と作品のプロットが生まれこの企画の実現に至ったというエピソードがあるとのことです。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 01:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 秀作ドラマ紹介>家族&青春&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

小倉優子作品もあり!ポリスチャンネル(無料)に驚き!

こんばんは。とんとご無沙汰しております・・。

さて、今日はとってもコアためになる無料動画サイトを見つけてしまいました。

img_hikou02.jpgそれはポリスチャンネルです。ご存知でしたか?
警視庁が「ネットセキュリティ」や「ストーカー」などのテーマで犯罪防止のために使うビデオなどを無料で見ることができる動画サイトなのです。

ライブラリーを見ると結構、有名なタレントや女優が出演してて、例えば「なくせストーカー」は小倉優子主演だったり、シリーズものの「サイバー犯罪事件簿2“危険なアクセス”」は萬田久子主演。「サイバー犯罪事件簿 姿なき侵入者」は大河内奈々子主演です。

途中途中で解説があったりするのですが、ドラマ自体はよくできているので、無料なだし、結構コアな楽しみ方ができるかもしれません。

その他、竹下景子主演のものや、若手タレント浜田翔子椎葉えりなどが出演していたり、酒井美紀が案内役を務める番組もあったりします。
(他にも結構、よく見る俳優さんが出ていますね)

また、いるかどうか分かりませんが白バイ好きな方には「実録!全国白バイ大会」という作品もあったりします。さらに動物好きの方には「ハナの捜査官〜走れ!警察犬!〜 」というのもあります。

ポリスチャンネル ビデオ視聴ランキング2005というのもあって、初めて見る人への配慮もされてる。。。

ご興味のある方は、ぜひ見てはいかがでしょう?
>>>ポリスチャンネル


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 01:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 邦画感想&劇場公開>紀行&ネタ話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

モバイルサイト「邦画生活mobile」を作りました。

こんばんは。昼夜の寒暖がかなり激しいですね。風邪などひかないようにしましょう。

さて、一時期、ご当地映画の携帯サイトを作ったのですが、なかなか上手くいかず、その進展刑として、「邦画生活mobile」という携帯サイトを制作しました。

WEBの携帯版でコンテンツも抜粋したものであるのですが、邦画クイズ(女優篇)(作品篇)というオリジナルコンテンツを設置しています。
邦画の暇つぶし系コンテンツではあるのですが、かなりマニアックなクイズであるので、自信のある方は、どうかチャレンジしてみてください。

もし、ストレートで10問正解できたのならば、かなりの邦画マニアでしょう。(笑)

こちらのQRコードからアクセスしてください。

QR_Code.jpg

http://mobile.houga.net/
※3キャリア対応です。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif




posted by 邦画生活take-naka at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

ワッチミー!TVに動画を投稿してみました。

こんばんは。久しぶりのブログになってしまいました。

さて、YouTubeなどの動画投稿サイトが人気ですが、見るのはいいのですが、英語なので、いまいち親しみ感がなくて投稿までにはちょっと・・・という場合もあるかもしれません。

watchmetv.JPGそこでフジテレビがベータ版ではじめている投稿サイトワッチミー!TVを使ってみました。何だか自称アイドルみたいな人たちが人気のようですが、投稿するとトップページにしばらく載るので、まあまあ見てくれる人はいるようです。

動画をビデオで扱う場合、テープからパソコンに取り込むのが結構大変だったのですが、最近ではHDDに記録したりもできるし、こういった気軽に投稿できるものであれば、携帯電話のビデオ機能を使っても充分でしょうね。



ワッチミー!TV http://www.watchme.tv/

どういうチェックをしているのか分かりませんが、自作の動画しかアップされていないです。
今後、ショートムービーなど一般の人が作る話題作なども出たりするかもしれませんね。
NHKとかショートムービーコンテストに熱心だし、こういうので色んな動画コンテンツ楽しめるようになるといいなぁ。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>謎!?体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

がっちりマンデー!!-見てますか?長澤まさみゲスト出演でしたね。

こんばんは。秋の夜の月はきれいですね。今宵は月光浴でもしてみましょうか。(笑)

shindo_kato.jpgさて、みなさんはTBS「がっちりマンデー!!」という情報番組をご存知ですか?毎週日曜の朝7:30〜8:00にオンエアされる経済情報番組です。

司会が加藤浩次進藤晶子(元TBSアナウンサー)と経済情報なのですが、分かりやすい内容で日曜の早朝なのですが好評を得ているようです。

「経済」というと堅くてちょっととっつきにくいのですが、この番組では、一般の人たちの目線で、しかも楽しく分かりやすい内容です。

「こんな用語を知らなくて恥ずかしいかも?」と思っていると加藤浩次が一般視聴者を代表するような突込みを入れてくれるのでありがたいです。(笑)

準レギュラー的な森永卓郎の経済学者のオタク的な側面が見られたり笑えます。

「儲かる鉄道ビジネス第二弾!」では電車オタクとして、向谷実(カシオペア)、森永卓郎(経済アナリスト)、南田裕介(芸能事務所ホリプロのマネージャー)の三人を向かえ東京近郊の鉄道について深く熱く論じたりしていましたしね。


p_news1.jpg昨日は、何故か森永卓郎と長澤まさみが出演して給食ビジネスの特集でした。
長澤出演は、新番組「セーラー服と機関銃」の番宣目的ですが、そういった肩の力を抜いたキャスティングも悪くないです。

ちなみに日曜日にオンエアなのに何故「〜マンデー!!」なのかというと日曜日に経済の勉強をして月曜から実践しよう!ということで日曜日放送なのにマンデーとついているとのことです。

みなさんも「がっちり」見てはいかがでしょうか?

>>>がっちりマンデー!!の番組サイトはこちらから。

>>>セーラー服と機関銃の番組サイトはこちらから。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif





posted by 邦画生活take-naka at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | エンターティメントじゃん>バラエティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ribbon-80年代後半デビューのアイドルグループ覚えていますか?

こんばんは。こんな秋の夜は、久しぶりに80年代の出来事に思いをめぐらせましょう。

ribon.jpgみなさんは「ribbon」というグループを覚えていますか?
永作博美さんが所属していた三人グループと言ったら思い出す人も多いでしょう。

このグループは、フジテレビのタレント養成講座「乙女塾」出身のアイドルユニットとして結成され、メンバーは永作博美、松野有里巳、佐藤愛子の3人です。
1989年12月6日シングル「リトル☆デイト」でデビューし、1995年ribbon解散。

懐かしいribbon「Virgin Snow」の動画はこちらからご覧ください。

ところでアイドルのその後って気になりませんか?メンバーの皆さんの近況を調べてみました。

永作博美
ドラマ・舞台・映画等、女優として活躍中。最近の作品は、映画 「石井のおとうさんありがとう」、「空中庭園」、「天使」。テレビ NHKスペシャル「幸福2020」、ABC 「女と男と物語Part・」 、EX 「時効警察」(第4話ゲスト)
田辺エージェンシーの永作博美プロフィールページはこちらから。

松野有里巳
ribbon解散後「Les 5-4-3-2-1」のボーカルとなる。音楽プロデューサーの高橋剛(元バナナギャングス)と結婚後、芸能界を引退。
オフィシャルホームページはこちらから。

佐藤愛子
芸能界を引退後、結婚されてイギリスに在住。現在は主婦業に専念されているようです。

80年代後半にデビューし、5年間活動した彼女たちですが、解散後11年経ったのですね。11年の歳月、皆さんそれぞれの道を歩んでいるようですね。。

それでは、今日はこの辺で・・・。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif




posted by 邦画生活take-naka at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代&昭和の香>'80s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

覚王山参道ミュージアムに行って来ました。秋のアートな街のイベント。

DSC00340.JPGこんばんは。秋晴れの休日はいかがお過ごしでしたか?
少し風が強く、運動会に参加された人などは、砂ほこりで大変だったかもしれませんね。

さて、今日は近くで覚王山参道ミュージアムというイベントが開催されていましたので、行ってみました。「アート」をテーマにしたイベントで、クリエイターの人も参加されているということです。

DSC00353.JPGワークショップなども出店しており、自分で参加して小物などを作ったりもしていました。

また、名古屋ならではの味噌おでんなどの出店もされているので、名古屋コアグルメを楽しめます。

明日も開催されているので、名古屋近郊の方は、訪れてみてはいかがでしょうか?

覚王山参道ミュージアム
街アート、ワークショップ、パフォーマンス、似顔絵ストリート、などなど
日にち:2006.10月1(日)〜9(月・祝)
(10月8・9日メインイベントクリエーターズ秋祭)


場所:日泰寺参道界隈にて(地図

>>>覚王山参道ミュージアム詳細はこちらから。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif





ラベル:覚王山
posted by 邦画生活take-naka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>煩悩と随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

NHK 中学生日記-超ロングラン青春ドラマですよね?

nikki.jpgこんにちは。今日から三連休ですね。
ゆっくり休める方、ひょっとしたら休日の方が忙しかったりする方、様々いらっしゃるかと思いますが秋の連休お楽しみください。

さて、左側にNHK時計を設置したからというわけではないのですがNHKのTVドラマを意外と見ていたりしています。
そのひとつに「中学生日記」があります。

以前にも書いたことがあるのですが、このドラマはNHK名古屋局までに電車やバスを使って40分以内に来ることができる小学生〜中学生が出演してる超ロングランの学園ドラマ。スタートは昭和47年。何と40年以上のオンエア。

また、名古屋出身の人に聞くと必ず同級生(かその友達とか)が出ていたと言うはずなので、知り合いにいたら聞いてみてください(笑)。

以前は、総合TV 日曜13時〜オンエアしていて、休みの日にダラダラTVを見ていると知らぬ間に始まっている感じでした。(現在は、教育テレビでゴールデンでオンエア)

うるさいんだよ、母さんは―親と子数年前は、いわゆる堅い感じの・・何ていうか学校の視聴覚室で見るようなドラマ仕立てだったのですが、あまりにも現実の中学生と遊離しているという意見から、演出、脚本を今の時代性を取り入れながら、思春期に抱く戸惑いや悩みなどをテーマに追求しています。

見ていると「現実的な中学生の生活」と「NHK教育的な部分」の「ドラマとしての落とし所」と言うのが結構、微妙で難しくて制作側は苦労してるんじゃないかな・・・と思わせることもあります。
※でも、中にはNHKにしては、というよりこれはテレビの限界かな・・「中学生(男子だったりする)が大人の世界に巻き込まれる」ようなギリギリまで追求もしている作品もあります。

まあ、こういった前提から生まれるの模範的でありつつ少し現状不満な日記生のキャラクターが好きだったりするのも確かなんですけどね。(というか・・・このキャラクターって名古屋的??)

しかし、脚本やドラマ構成については、かなり実験的なものまでオンエアしているように思う。
ちょっとした映画より脚本の骨格はしっかりしているように思うこともあったりするから驚くことも多い。基本的に一話完結ですしね。

また、このドラマ出身の俳優も多いことも知られていますね。
加藤晴彦上堂薗恭子竹下景子玉木宏戸田恵子中野良子葉山レイコ広田さくら古川愛李南谷結森本レオ などなど、ちょっと調べただけどもこれだけいますから、本当はもっといるのでしょう。

ちなみに名古屋在住の人であれば、お馴染みなのですが先生の名前が名古屋市内の地名になっています。この作り手チックなこだわりも名古屋っぽいですね。。。

みなさんもたまには、こういうドラマを見るのもいいかもしれませんよ。

>>>NHK 中学生日記 オフィシャルホームページ

>>>中学生日記私設応援サイトで出演者の同窓会とかもやっているようです。


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



ラベル:中学生日記 NHK
posted by 邦画生活take-naka at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>家族&青春&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

恋愛小説、タナカヒロシのすべて、いつか読書する日-レビューをアップいたしましたよ。

こんばんは。少し遅くなってしまいましたが、邦画生活WEBに感想を追加しましたので報告します。

tanakahiroshi.jpg「タナカヒロシのすべて」 2004年

監督:田中誠
出演:鳥肌実 ユンソナ 高橋克実


異色のパフォーマンス芸人:鳥肌実の映画初主演作。シニカルなコメディで何気ない映像の中に鳥肌実の違和感たっぷりの存在感が楽しめる。
独身男、タナカヒロシは誰にも干渉されない平凡な人生を送ることを望んでいたが、ある日彼の父親が急死してからというもの、さまざまな不幸が降りかかるようになる・・。

>>>タナカヒロシのすべての感想レビューはこちらから。


renaisyousetu.jpg「恋愛小説」 2004年
監督:森純一 原作:金城一樹
出演:玉木宏、小西真奈美、池内博之


自分のことを「死神」と言い、「親しくした人間が必ずこの世を去ってしまう」という数奇な運命を持った、愛したいのに愛することができない学生のたった一度だけ経験した悲しい恋愛を綴る。ラストは感動。
WOWOWのオリジナル製作プロジェクト『ドラマW』の一作として製作・放映されたものであったが、圧倒的な支持により劇場公開に至った異例の作品。

>>>恋愛小説の感想レビューはこちらから。


itukadokusyo.jpg「いつか読書する日」 2004年 
監督:緒方明
出演:田中裕子 岸部一徳 仁科亜季子


牛乳配達とスーパーのレジで働く50歳の独身女性・美奈子(田中裕子)は、読書のみを趣味に平凡な日常を過ごしている。彼女には、30年間密かに思い続けている男性がいた・・・。

>>>いつか読書する日の感想レビューはこちらから。


以上でございます。よろしかったら見てくださいませ。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif



posted by 邦画生活take-naka at 03:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画生活アップ 案内>ポピュラー作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。