DELL&HP-デル&ヒューレットパッカード パソコン購入研究所
オンライン通販ナンバー1のDELLと人気のヒューレットパッカードのパソコンを
比較してお得なお買い物を研究するブログです。



2006年09月30日

なごり雪-尾道から臼杵へ大林監督作品。

こんにちは。季節の変わり目、気温の差が激しかったりしますね。今日は虫の音も聞こえません。さて、しばらく前に見た映画の感想をアップしましたので、ご連絡します。

nagoriyuki_1.jpg「なごり雪」2002年
監督:大林宣彦 出演: 三浦友和 須藤温子  ベンガル


「なごり雪」は、今から三十年ほど前、臼杵市の隣町、津久見を古里とする伊勢正三によって、その津久見駅のホームを舞台に作られた唄。

今回の作品は、その名曲をもとに、あえて臼杵を舞台にしている映画。
この街は、九重連山に抱かれ、豊後水道に面した、温暖で風光窮媚な古い城下町。今も昔の日本の懐かしい風景を残す。

主人公の祐作(三浦友和)はそこで少年時代を過ごし、水田(ベンガル)や雪子(須藤温子)と出会い、そして別れた。

都会に暮らす彼は、数十年前、故郷においてきた雪子や水田との記憶を思い出す。彼は何を得て何を失ったのであろうか・・・。

>>>「なごり雪」のレビューはこちらから。

懐かしい名曲で綴る日本のふるさと映画ですね。

◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif


posted by 邦画生活take-naka at 19:57| Comment(1) | TrackBack(2) | 邦画生活アップ 案内>ポピュラー作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

上戸彩-U21の集大成ベストアルバム。これからですね。

0603140950061.jpgこんばんは。秋の夜は深いですね。都会でも虫の音が聞こえてきます。

さて、上戸彩のベストアルバムが好評のようですので、ご紹介いたします。
映画やドラマの活動以外に音楽活動も続けている彼女ですが、CDデビュー5年目を迎え、初のベストアルバムです。

彼女が現在、21歳ですから5年前というと・・・16歳からの音楽活動の集大成ということになるでしょうか。

言わば上戸彩のU-21(アンダー21)のベストアルバムということでしょうね。

メルマガ(ブログだったかな?)にも書いたことがあるのですが日本映画の基本形みたいなものは、地方に住む10代の少女が主人公、みたいなケースが多いのですが、彼女自身もこの5年間、映画やドラマで主人公を演じた事も多かったですね。

年齢で区切るわけではないのですが、女優は21を過ぎてから、その演じる主人公像が大きく変わるように思います。

これからも素敵な映画やドラマ、そしてもちろん音楽を送り続けて欲しいものですね。

BEST of AYA UETO-Single Collection-COLLECTOR’S EDITION(DVD付)BEST of AYA UETO-Single Collection-COLLECTOR’S EDITION(DVD付)
上戸彩

ポニーキャニオン 2006-09-20
売り上げランキング : 34

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

デビュー曲の「Pureness」から、ドラマタイアップ曲「感傷」、「愛のために。」、「夢のチカラ」、多数のCMタイアアップ曲等ヒットシングル17曲と、スペシャルトラックとして、ドラマ「下北サンデーズ」〔テレビ朝日〕の主題歌、「下北以上 原宿未満」(藤井フミヤ)のカヴァーを収録。

Ueto.jpgCOLLECTOR’S EDITIONには、DVDとさらにスペシャルグッズも付いているそうです。
BEAMS×AYA UETOオリジナルウォレットコード(白または黒)


◆人気ブログランキング
話題の日本映画ブログが満載!こちらからどうぞ⇒banner_02.gif

ラベル:上戸彩
posted by 邦画生活take-naka at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターティメントじゃん>音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

「お父さんのバックドロップ」を見ながら「おでん」を味わう秋の夜。

こんばんは。虫の音のが響く秋の夜長いかがお過ごしですか?
みなさんは、「お父さんのバックドロップ」という映画をご存知ですか?

お父さんのバックドロップ早くして亡くなられた中島らも氏の同名短編小説を映画化した作品。

悪役レスラーとして弱小プロレス団体を引っ張る父親と、そんな父の姿がどうしても好きになれない息子が衝突を繰り返しながらも、やがて本当の絆を結ぶまでを描く、父子をテーマにしたドラマ。
主演は宇梶剛士、共演に人気子役の神木隆之介。

teccyan.gif中島らも氏というと思い出深いのが毎月購入していた、まだサイズが小さい頃の「宝島」連載のカネテツの「かまぼこ新聞」も大好きでした。
てっちゃんの漫画は、今でも頭に焼き付いている・・・。

そんな思いを巡らせる秋の食卓は、やっぱり「おでん」?もちろん「カネテツ」で、しかも、「だししみ」で。

DSC00315.JPGということで、カネテツの新しいおでん「だししみおでん」シリーズの「合わせおでんだし」「おでん種」を食してみました。

DSC00320.JPGこんな感じの食材ですが、この「おでん」は「だし」に凝っていて、「だしパック」でしっかりだしを取るのですね。さらに、だし汁も入れるので、うーん味に深みが出そうな予感。

10分くらいでダシを取って、後は、具を入れて煮込むだけ。本当に手間がかかりません。簡単ですね。

出来上がりはこんな感じです。どうですか?(笑)

DSC00321.JPG食べた感じは・・・あれ?あっさり味なのに味が深い!なるほど、やっぱり「だしパック」がポイントなんだ!
かつお節の風味が活きているのですね。
また、魚の旨みや具材の味はねりものが特にお勧めです。

・・・コンビニで食べる「おでん」とは、まったく別の食べ物と思ってください。
上品で、あっさり、なのにダシが染みてコクがある「おでん」は、今まで食べたことがありません。

>>>「だししみおでん」については、オフィシャルサイトをご覧ください。

ちなみに・・2日目も、さらに味が染み込んでおいしかったりします。(笑)

みなさんも秋の夜長、家族や仲間と楽しくにぎやかに過ごす時、また、少し思い出にふける時、おいしい「おでん」は、ぴったりのご馳走です。

私は、映画を見ながら、おいしいくいただきました。

「お父さんのバックドロップ」では、亡くなる前の中島らも氏がチラリと映っていて、感慨深いでした・・・。

10/15まで、カネテツ「だししみおでん」シリーズのプレゼントキャンペーンを開催中。
抽選で20名様に当たるそうです。

キャンペーンバナー




posted by 邦画生活take-naka at 16:13| Comment(3) | TrackBack(3) | 邦画感想&劇場公開>監督・脚本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

KIYOSHI(氷川きよし)映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」主題歌「未来」を歌っているんですね。

こんにちは。「徹子の部屋」を見ていたら氷川きよしが出演しておりました。映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」主題歌-未来-を歌っているようですね。

これは・・・お母さんとウルトラマンメビウス好きな子ども両方が楽しめそうな企画ですね。

一方、きよし王子さまは、子どもの頃から憧れていたウルトラマンの主題歌が歌えて嬉しいそうです。歌は、もちろん演歌じゃないですけどね。

>>>KIYOSHI/未来を楽天で見る

mebius_sp.jpg1966年に放送が開始され、一大特撮ヒーロー・ムーブメントを巻き起こした「ウルトラマン」。

その後も数々のシリーズ作が製作され、いまや日本人にとっての“永遠のヒーロー”に成長した同シリーズが、今年で誕生40周年を迎えた。

その記念作品として製作されたのが、現在放送中の最新シリーズ「ウルトラマンメビウス」の劇場版でもある、この「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」だ。
同作は、宇宙警備隊のルーキー、メビウスの大ピンチに、歴代ウルトラ兄弟が駆けつけるというストーリー。

mebius_sp3.jpg往年の敵役宇宙人も登場するほか、ハヤタ隊員(黒部進)、モロボシ・ダン(森次晃嗣)たちまで出演となれば、子供たちだけでなく、お父さんの大興奮も間違いない。

主題歌を歌うのは“KIYOSHI”(氷川きよしのポップス歌手名義)これなら、プラスお母さんも楽しめる、まさに世代を超えたヒーロー映画になりそうだ。

ウルトラマンメビウス ウルトラヒーローシリーズ2006 SP メビウスインフィニティーウルトラマンメビウス ウルトラヒーローシリーズ2006 SP メビウスインフィニティー

バンダイ 2006-08-26
売り上げランキング : 154

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 14:37| Comment(4) | TrackBack(6) | エンターティメントじゃん>音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

花-映画感想を邦画生活にアップしました。

こんばんは。夜になって引き続き邦画生活をアップしました。「花」2002年 監督:西谷真一 出演: 大沢たかお、柄本明、牧瀬里穂です。

hana1.jpgそれほど興行的に展開されていたわけでもなく、また「花」というタイトルがそれほど特徴のあるものでもないので、手にとられにくい作品ではあるのですが、とてもいい作品です。

動脈瘤で倒れた野崎(大沢)は、手術をしなければ死ぬが、成功しても記憶が無くなると医師から聞かされ何もかも嫌になってしまい会社もやめ、恋人との連絡も絶ち、医者へも連絡もしない状態だった。

hana2.jpgそんな野崎にあるアルバイトが舞い込む。それは、初老の弁護士・鳥越(柄本明)を車に乗せて東京から鹿児島へ行く仕事だった・・・。

大沢たかおと柄本明の二人が走る東京から鹿児島までのロードムービーなのですが、柄本明の静かな存在感に圧倒される。大沢たかおもとてもいい演技をしています。

>>>「花」の感想を見る。邦画生活

この映画はお勧めです。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画生活アップ 案内>ヤング作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

青い車-映画感想を邦画生活にアップしました。

こんにちは。邦画生活の感想をしばらくアップしていなかったのですが、「青い車」2004年 監督:奥原浩志 出演:ARATA、宮崎あおい、麻生久美子をアップしましたので、ご連絡します。

aoikuruma1.jpg原作の漫画家よしもとよしともの世界観を、『波』や『タイムレスメロディ』といった作品で知られる監督、奥原浩志が独特の空気感で切り取った作品です。

ちなみに撮影期間は、二週間らしいです。そう考えると、空気感は、伝わるのだけれど、ロケーションや作りこみはちょっと、なるほど・・・と思ってしまう部分もありますね。

aoikuruma2.jpg現代を生きる若者たちのリアル・ラブ・ストーリーとのことで、乾いた虚脱感、苛立ち、消化できない不条理・・・みたいな若者独特の感覚を描いています。


>>>「青い車」の感想を見る。邦画生活

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画生活アップ 案内>ヤング作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の邦画DVD事情。

こんばんは。明日から三連休ですね。皆さんはどこかへ出かけられますか?過ごしやすい秋日和だといいですね。

アマゾン・ドット・コムさて、最近では米Amazonが映画やドラマのダウンロードサービスが伝えられるなど、これからの映像コンテンツのあり方などについて話題になっています。

これから、私たちがDVDやビデオを家で見たりする生活も変わってくるのでしょうね・・・。

ネットTVをブッコ抜け!!―GyaOもYahoo!動画も根こそぎブッコ抜く!!まあ、ダウンロードサービスではなくともGyaoなどで映画を無料で見たりしているわけですから、もう変わっているといえばそうなのですが・・・。

ちなみに私自身はレンタルビデオショップに行って、DVDを選ぶのは結構好きだったりします。というのは、いい加減と思われるかもしれませんが、パッケージデザインで決めることが多いからです。

パッケージの写真や解説、または推薦文などを見ながら「どんな作品なのであろうか?」とまるで、宝くじを買うように選んでしまったりしています。ちなみに、この方法で当たった作品は三割くらいです。(笑)

また、レンタルで豊富な作品を見られる背景には、邦画のDVD販売も好調という背景もあるのではないかと思います。

千と千尋の神隠し (通常版)もののけ姫DVD総売上額に占める邦画の割合は、ほぼ5〜10%の範囲で推移してきたようですが、今年の9月に入って14.1%にまで上昇、その売上規模は30.0億円に達することになったとの事です。

最近では、洋画の新作売上が低下し、さらに価格も低下傾向にあり、小売的に映画DVDの展開は厳しくなってきているのに対して、価格も維持している邦画が、数量的にも充分売上を見込めるものとなったことは意義として大きいですね。

映画は、100億以上の興行成績を収めれば大ヒット。30〜50億であればヒットといわれる映画業界ですが、邦画では、このような大規模の作品以外でも興行で10億円規模の成績を収める作品も多く、裾野の広がりを持ってコンテンツ力が成長しているのでしょう。

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディションちなみに、100億円規模の興行成績を収めるような作品を見極めることがプロデューサーとしての力量が問われる事らしいです。(何かバクチですね^^;)

邦画での興行成績で大ヒットというと・・・「千と千尋の神隠し」304億円、「ハウルの動く城」200億円、「もののけ姫」193億円、「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」173.5億円、「世界の中心で、愛をさけぶ」85億円・・とこんなところのようです。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif



ランキングオンライン
posted by 邦画生活take-naka at 00:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記>煩悩と随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

日本映画-見た作品がたまっているので備忘録的に使用しました。

こんにちは。どうも一つの事を一定のペースで行うことが苦手で、映画を見ているのですが、感想をなかなか書けないため備忘録的に書いておきます。

青い車 プレミアム・エディション「青い車」
2004年 監督:奥原浩志
出演:ARATA、宮崎あおい、麻生久美子


漫画家よしもとよしともの同名傑作を奥原浩志監督が映画化。原作の漫画は90年代の作品であるが、若者たちの日常にある孤独や退屈あきらめや虚脱感を描く感覚は、今も色あせない。

目の前に起こる、また起こしてしまう事のリアリティある痛さは、出来事を消化することができなくなってしまっている・・そんな現実の答えはずっと見つからない・・・それでも生きていかなければならない若者たちをクールに描く。

花 特別版「花」
2002年 監督:西谷真一 
出演: 大沢たかお、柄本明、牧瀬里穂


野崎(大沢たかお)は動脈瘤で倒れる。手術をしなければ死ぬが、成功しても記憶が無くなると聞かされた。会社も辞めて現実逃避した矢先ある話が舞い込む。そして初老の弁護士・鳥越(柄本明)を車に乗せて東京から鹿児島へ行くことになった。
運転手を務めた野崎は、高速道路を使わないように指示されて戸惑うが、鳥越から旅の目的を聞かされる・・・。

東京から鹿児島まで、ずっと車の中で過ごすロードムービー。感動的な作品ではあるが・・・何だか個人的には、牧瀬里穂の演技が舞台チックな気がしたなぁ。大沢たかおは、男優では、一番好きですね。

不信のとき〈上〉「不信のとき」
1968年 監督:今井正 
出演:田宮二郎、岡田茉莉子、若尾文子


2006年 夏のTVドラマ放映中の同名作品の映画で、有吉佐和子の小説が原作です。この映画とドラマのストーリーは、ほぼ一緒です。

田宮二郎の二重家族の生活みたいなところで、ぼろを出してしまう所のお間抜けぶりは、おちゃめに見えて、へんな好感を抱いてしまいますね。

最後の田宮二郎の笑いは、何だったのでしょう・・・視聴者にゆだねるみたいな事なのでしょうが監督の意図を知りたいですね・・・。


鯨神「鯨神」
1962年 監督:田中徳三 
出演:本郷功次郎 、藤村志保 、勝新太郎


宇能鴻一郎の芥川賞作品「鯨神」を新藤兼人が脚色、田中徳三が監督した文芸作品。宇能鴻一郎というと官能小説なのですが、この作品は、九州の鯨漁の港を舞台にした純文学作品。

悪魔の化身のようなその巨大な鯨と長い間戦い続け、何百人もが命を失った港。
その鯨は、「鯨神」と呼ばれ恐れられており誰一人近づこうとしなかった。しかし、九州和田浦港では、鯨漁の長が、鯨神を倒したのであれば、一人娘も自分の財産もすべて与えると、鯨神を倒すことに村人に言い出す・・。

脚本や作り方は、素晴らしいのですが、特撮については、これから進んでいくのであろうなぁ・・・と思わせるないようです。はい。


レイクサイド マーダーケース「レイクサイド マーダーケース」
2004年 監督:青山真治
出演:役所広司、薬師丸ひろ子、豊川悦司


3組の親子とひとりの塾講師が中学受験の勉強合宿の為に集った湖畔の別荘で起こった、殺人事件の顛末を描いた群像サスペンス。
心理サスペンス的な要素が強いように思う。

監督は、青山真治で、スタイリッシュな映像。原作は、東野圭吾。

月光の夏「月光の夏」
1993年 監督:神山征二郎
出演:渡辺美佐子、若村麻由美、滝田裕介


出撃前の最後の思い出にピアノを弾き、戦死していった若き特攻隊員の実話をもとに描くドラマ。
ラジオドラマの構成も書いた毛利恒之の原作(汐文社・刊)・脚本を、「遠き落日」の神山征二郎が監督。

実話ということから、感動的なのであるが少し長すぎるように思います。。

最近は、こんな作品を見ておりますが、ちょっと頑張って感想を書こうと思います。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 00:01| Comment(0) | TrackBack(2) | 邦画感想&劇場公開>紀行&ネタ話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

純情きらり NHK連続テレビ小説 -愛知県岡崎市を舞台にしたドラマのルーツを探る。

純情きらり―連続テレビ小説こんにちは。昨日、飲み会でNHK連続テレビ小説「純情きらり」の話題になり、このドラマに実在の人がいるけど・・・誰だっけ?という話になり、気になってしょうがなかったので調べてみました。

現在NHKの朝の連続テレビ小説で放映中の「純情きらり」は、愛知県岡崎市を舞台に、ジャズピアニストを目指す有森桜子を主人公にしたドラマです。
そのロケ地となった岡崎市には、多くの観光客が訪れているようです。

>>>「純情きらり」ロケ地案内

さて、この「純情きらり」の原案は津島佑子(本名は津島里子 つしま さとこ 太宰治の次女)の長編小説「火の山―山猿記」で、実は、山梨県甲府市が舞台となっています。

火の山―山猿記〈上〉「火の山―山猿記」は、津島氏の母方の石原家の家系をモデルに、いく度も噴火を繰り返す火の山「富士山」の麓に生きる有森一族の、江戸末期から現代に至る歴史が語られています。

地質学者だった祖父石原初太郎の富士山研究の記録を使いながら、有森家の末子勇太郎の回想や、勇太郎の姪由紀子の手紙、勇太郎の孫でフランス人の血が流れるパトリス・勇平の言葉などを織り交ぜて、有森家の生と死、戦争をはさんでの喜びと苦しみが描かれています。

火の山―山猿記〈下〉この作品は、「群像」1996(平成8)年8月号から翌年8月号まで連載されました。1998(平成10)年6月、講談社から上下二巻の単行本として刊行され、この年の谷崎潤一郎賞・野間文芸賞を受賞しています。

「火の山 山猿記」は、作家 津島佑子が母の実家である石原家を素材として母・石原美知子(津島美知子)の家と家族を、そして父である津島修治(作家太宰治)について、家族の視点で描かれています。

設定は、かなり異なるのですが、「純情きらり」の杉冬吾のモデルは津島修治(太宰治)でしょう。
また、ピアニストで東京音楽学校の教授である西園寺公麿のモデルは、首相を務めた近衛文麿の弟の近衛秀麿ではないかとも言われています。


>>>太宰治 津島家・家系図

「火の山 山猿記」は、あくまで原作であり、設定も異なります。NHKが連続ドラマで放送していることもあり、その結末はいかようになるのでしょうか・・・。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 22:11| Comment(1) | TrackBack(1) | 秀作ドラマ紹介>家族&青春&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵学園Q-アニメになるはずですね。ストーリーがしっかりしてる探偵マンガ。

探偵学園Q (11)大雨になりそうな感じですかね?雨の日は嫌ですね。
駅から少し歩くので、雨の日は少し憂鬱です。

疲れがたまりがちな水曜日でしたが、みなさんはいかがお過ごしですか?
最近、お昼は、たまにマンガ喫茶に行っております。たまたま座った席の真正面のマンガを読んでみたのが「探偵学園」という少年マンガだったのですが、これが結構おもしろくて、はまっています。

から揚げカレーなどを食べながら読むのですが、この探偵マンガを読んで、最近のマンガのストーリーのよさは本当に感心しますね。

連続ドラマのように、次々に違う事件が起こったり、登場人物の謎が深まる出来事など次々に起こり、少年向けとは言えどもワクワクする気持ちを持続させてくれます。

最後まで読むまで、しばらくは通ってしまいそうですね。(笑)

まあ、反面自分自身が幼稚なレベルなのかもしれませんが・・・たまには、こういった探偵少年ものも良いかもしれないと思います。
ご興味があったらぜひ読んでくださいませ。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

2006年09月05日

無料画像管理ソフト-Google:Picasaは、ブログ用写真管理に超便利!

こんばんは。月曜日ですね。疲れはたまってませんか?大丈夫ですよね。(笑)

さて、ブログを長い間管理していると、デジカメ撮った写真、ダウンロードした写真がけっこう溜まってしまいませんか?。(別にブログを管理していなくてもいっぱい溜まってしまうんですけどね)

フォルダに画像だけ入れて分類して管理とかできたら一番いいんですけど、その場その時色んなケースがあるので、バラバラのフォルダに入ってしまっていることが多くないですか?

いざという時、探すのに一苦労だったりします。

そんな時、超優れものの無料ソフトがコレです。無料画像管理ソフト-Google:Picasa

picasa-screenshot.jpgPicasaは、起動するたびにすべての画像の保存場所が自動的に検索され、フォルダ名とともに日付ごとに区切られたアルバムに整理されるので、忘れていた写真なども含め、あらゆる写真を見つけ出すことができます。
バラバラのフォルダに入っていても Picasa を使えば、画像は常に整理された状態になっているんです。

Googleは、最近無料のソフトを多くリリースしていますけど、このソフトは、その中でもかなり実用性が高いと思います。

>>Google無料画像管理ソフト-Picasaダウンロード

デジカメについている画像ソフトは、かなり重たいのですが、このソフトは驚くほどサクサク動いて軽いですよ。

みなさんもぜひ使ってみては如何でしょうか?

ダウンロードして一回試しに使ってみるといいですよ。使うだけでも結構面白いです。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 00:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記>煩悩と随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

相武紗季さん-最近またキャビンアテンダントの姿を見ることができますよね

こんばんは。休みはすぐ過ぎてしまいますね。
今月は祝日もあるので、それを励みにお仕事がんばりましょう。

さて、昨日「下北サンデーズ」について書かせていただきましたが、個人的には、ああ言った「青春の遠回り的」な設定は大好きです。それゆえに作品コンセプトを上手くドラマ化できなかったことが残念でしたね・・・。

まあ、視聴率がすべて、というわけではないのですがテレビ局のスポット枠はGRP(延べ視聴率)で販売されるため、視聴率が取れないとテレビ局の商品が少なくなってしまうし、放送局としての競争力が低くなってしまうという事もあるので、仕方ないといえば仕方ないのですけどね。

アテンションプリーズ DVD-BOX難しい事はその辺にして、前クールTVドラマ「アテンションプリーズ」で上戸彩とともにキャビンアテンダントの同期だった弥生役の相武紗季さん、JALの制服がよく似合っていたのですが、最近またキャビンアテンダントの姿を見ることができますよね。


相武紗季 2006年度 カレンダーそう、JALの「国内線割引運賃【先得】着メロ篇」TVCMに出演中なのですね。三谷幸喜さんとの競演ですが、懐かしいおニャン子クラブの「セーラー服を脱がさないで」の替え歌で軽く踊ってくれております。
ドラマの延長線上みたいで良いですね。(笑)

TVCM、注意して見てみてくださいね。またJALのWEBサイトでも視聴することができます。

日本航空 (JAL)ホームページTVCM

では、今日はこの辺で。

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif

posted by 邦画生活take-naka at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | CMの思ひ出>最近のCM事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

テレビ朝日「下北サンデーズ」の繰上げ終了について・・。

こんにちは。久しぶりにブログを書きます。
夕暮れになると秋の気配も感じる今日この頃、みなさんも今日のような週末は、おくつろぎでしょうか。

yuika09.jpgさて、テレビ朝日「下北サンデーズ」とうとう回数を繰り上げての最終回が決定してしまいましたね。

夏の連続ドラマ、今期は不作だといわれていましたが、取り分け、テレビ朝日・ABC系の「下北サンデーズ」(木曜、後9・00)と「レガッタ」(金曜、後9・00)が低視聴率だったのでしょう。

何故、「下北サンデーズ」が不調だったのでしょうか・・・。あのドラマを見る限り、キャスティングについては、上戸彩主演で、それほど問題もなく、むしろ良いかと思います。

下北以上 原宿未満
また、音楽についても藤井フミヤの「下北以上 原宿未満」は、どこかで聞いたような(「夢でもし逢えたら:大瀧詠一作詞作曲」に似てませんか?)感じはするものの・・まあ良い方だと思います。

では、何なんだと言えば・・・「演出・脚本が悪い」に尽きるでしょう。

今回、演出は、堤幸彦氏が担当し、「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)、「ケイゾク」(TBS系)、「TRICK」(テレビ朝日系)のような独特の映像表現で新しい試みをしてくれるのかと思ったのですが・・・。

結局、今回の作品に限っては、中途半端に終わってしまったように思います。


加藤家へいらっしゃい ! ~名古屋嬢っ~ SP版
堤幸彦氏は、かつて名古屋テレビで「加藤家へいらっしゃい! 名古屋嬢っ」と言う舞台型のテレビドラマを担当した事があります。

堤幸彦氏が愛知県出身と言う事もあり注目の作品で、初回スペシャル番組では、深夜にも関わらず9.9%の視聴率を取りました。

しかし、このドラマ実は驚くほど内容がつまらなく、名古屋弁のボキャブラリーをディフォルメしたり、名古屋ではよく「あるある」的な話題を組み合わせただけのものでした。
その後、連続ドラマとしてオンエアになるわけですが、本当に驚くほどつまらない内容なので、尻つぼみ的にフィードアウトしていきました。
スペシャルの特番としての一話完結だったのであれば、良いのでしょうけど。

こう考えると、堤幸彦氏は、犯罪ものや刑事ドラマなどのシリアスな設定を斬新な映像やギャグで、すばらしい作品を作ることのできる名監督ではあるのですが・・・青春ドラマのような何でもない設定でコメディ表現をするのは、向いていない人だと思います。

つまり、設定そのものがシリアスでコメディに展開するタイプであれば最高の作品を作っていますが、コメディそのものは苦手なのでしょう。
また、青春映画、ヒューマンドラマなど感動的なテーマの作品も良いのですけどね・・・。

「下北サンデーズ」の演出と聞いたとき、「加藤家へいらっしゃい! 名古屋嬢っ」の悪いケースが、ふと頭をよぎってしまいました。

あのベタなギャグをディフォルメする手法であるならば、さすがに上戸彩をキャスティングしても全国ネットの連続ドラマでは、通じないような悪い予感がしていました。

結果、予感通りになってしまったのですが、この責任は、むしろスタッフをキャスティングした側にあるように思うのですが・・・。

トリック 新作スペシャルトリック 新作スペシャル
堤幸彦 仲間由紀恵 阿部寛

広報人 矢部謙三 トリック劇場版2 公開記念講演会 トリック トロワジェムパルティー DVD-BOX トリック 劇場版 トリック 2 超完全版 トリック(3)

by G-Tools

◆人気ブログランキングに参加中です♪
1日1回 1クリック☆ご協力いただけたら嬉しいです⇒banner_02.gif


posted by 邦画生活take-naka at 19:06| Comment(1) | TrackBack(2) | 秀作ドラマ紹介>上戸彩 出演ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。