DELL&HP-デル&ヒューレットパッカード パソコン購入研究所
オンライン通販ナンバー1のDELLと人気のヒューレットパッカードのパソコンを
比較してお得なお買い物を研究するブログです。



2005年08月25日

北原佐和子って知ってますか?

B00008NX6Z80’S カルト・アイドル・キューティーズ・コレクション 北原佐和子・コンプリート・シングルズ
北原佐和子 堀川マリ 梅垣達志

テイチクエンタテインメント 2003-04-23
売り上げランキング : 22,904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

81年に真鍋ちえみ・三井比佐子と共にパンジーというグループデビュー。グループのメインが北原佐和子であった。その後「マイ・ボーイフレンド」で歌手デビューした頃の作品が収録されているアルバム。カルトアイドルコレクションという名称がショッキングだったので載せてしまいました。。

その頃、人気があったのは中森明菜や松田聖子であるが、個人的にはこの頃を象徴しているアイドルは北原のような気がする。いや「アイドル」という言葉で10代を通り過ぎ消えていくたくさんのアイドルたちの儚さが北原には感じられるからだ。

80年代、出ては消え出ては消え。。。それの現象がアイドルなのだと思うし、名も無く顔も思い出せないような人達の方が魅力的に感じる。

北原はその後、グラビアアイドルとしてプレイボーイ系の雑誌とかによく出てた。今は「薔薇と牡丹」の看護婦・鏡子役や火サスか土曜ワイドか忘れたけど、片平なぎさの同級生で容疑者役とか色々出てますよね。昼ドラの「はるちゃん」のおかみさん役もやってたんじゃないかな?

まあ、過ぎ去りし日々をしのんで、アイドルの歌を口ずさんでみましょう。
posted by 邦画生活take-naka at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル・俳優のお話>女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

橋口譲二の写真集。。

4096812714子供たちの時間
橋口 譲二

小学館 1999-11
売り上げランキング : 301,413

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

子供たちの暮らしている風景の中で撮影した写真と「今日の朝食」「将来の夢」など共通質問に対する答えによって構成された日本全国の小学6年生・105人写真集。

橋口譲二さんの写真集です。この人の作品は「17歳」(全国の17歳の人達ばかりの写真集)で話題になったのですが、私はその前の「ここにいたっていいじゃないか―西ベルリン・囲いの中から」や「俺たちどこにもいられない」などの作品から知っていて、この2冊は今でも持っている。

写真を通じて、国や社会のひずみにより一番に影響を受けるのは10代。期待された受け皿に乗ることができなかった若者たちに随分衝撃を受けたものだった。東京〜ベルリン。窒息しそうな社会の中で自分自身を確認しようとする、若者たちの姿を写真で表現し、冷静だからこそリアルに感じる文章で、一つの写真集として完成されていた。

この、子供たちの時間についても小学6年ばかりの写真集で、すでにその年代でも、それぞれの個性を持っている。
個性や人と違った考え方をするのは、豊かなこと。。それを受け入れられる事のできる豊かさを望む部分はとても共感できるメッセージです。
posted by 邦画生活take-naka at 00:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸術・文学は力なり>素敵な写真や画集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

「Cats in the Sun」ギリシャで暮らす幸せな猫たち。。

0811839052Kittens in the Sun
Hans Silvester

Chronicle Books 2003-04-01
売り上げランキング : 106,408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前職の時、中部地方で有名な猫の名前のチェーン店の広告の仕事をしていたときがある。その時、お皿や広告、店舗装飾の材料として、色々な可愛い猫の写真やグッズを集めていました。

男が可愛い猫のグッズや写真を集めるなんていうことは、仕事的な理由が無ければ無いのだろうけど、時に広告の仕事というのは、妙な世界に詳しくなってしまう。

この本は、その猫グッズ探しのときに出会った写真集で何冊かシリーズで持ってます。地中海ギリシャのシクレイド島で島の人々と共生して生きている猫たち。深いブルーの空と海。真っ白な建物。そこで、のびのびと暮らす猫たちは、とても美しく素敵で、その瞬間にシャッターを切った写真は、どれも逸品です。

猫好きなら一度は見ておきたい写真集ですね。カレンダーも有名です^^
※かなり邦画から逸脱中ブログです。。。
posted by 邦画生活take-naka at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・文学は力なり>素敵な写真や画集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

「ガメラ対ギロン」

B00005QWM9ガメラ対ギロン
特撮(映像)

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2001-11-28
売り上げランキング : 18,634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんばんは。日が変わってしまいましたね。さて、子供の頃は特撮モノでは「ゴジラ」より「ガメラ」の方が好きでした。ただ、夏休みとか従兄弟と一緒に映画を見に行くのですが、たいていゴジラに連れて行かれていたような気がします。ガメラは劇場で見た記憶がない・・。

映画を見られる年頃の頃は、すでに特撮ブーム後半だったかもしれないです。そういうわけでガメラは、たまにやる映画や怪獣辞典みたいなものでしか親しみがなかったのですが、個人的にはガメラのほうが好きだった。

これは個人的なというか、そういう人って多いと思うのだけれど「2番目好き」って無いですか?そうゴレンジャーの中なら「アカレンジャー」より「アオレンジャー」。「ルパン三世」より「次元」。「水戸黄門」なら「風車の弥七」※これは二番目じゃないですね^^;

そういうわけで、ガメラも大好きだったわけなんですが、ここでの紹介も「ガメラ対ギャオス」じゃなくて、あえて「ギロン」にしてみました^^;
posted by 邦画生活take-naka at 01:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

「野球狂の詩」木之内みどり主演。。。

B00006HBH2野球狂の詩
木之内みどり 小池朝雄 藤岡重慶

ジェネオン エンタテインメント 2002-10-11
売り上げランキング : 2,905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんにちは。暑いのはたまりませんね。いろいろ集中できなくなりますしね〜
さて、少し前に「エコエコアザラク」の紹介をしたのですが、その頃は「少年チャンピオン」「少年マガジン」の時代だったような記憶があります。

「少年チャンピオン」は、その中でも子供の心をぐっとつかんでおり、「ドカベン」「ブラックジャック」「エコエコアザラク」・・・などなど人気作品目白押しでした。その「ドカベン」の水島新司は「マガジン」でも名作を残しています。

「野球狂の詩」です。この作品は、プロ野球チームの東京メッツに入団した初の女性プロ野球投手の水原勇気と、老捕手の岩田鉄五郎との交流を描いた作品だ。決して順調には行かない現実とプロ野球選手という以外は、ごく普通の庶民的な女性で、作品の作りこみも良く、爽やかな作品だ。

この作品は、当時アイドルだった木之内みどり(元後藤次利夫人で現竹中直人夫人でもあります)が主役で実写版で映画化もされております。
posted by 邦画生活take-naka at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

「吉祥天女」吉田秋生。

4091910068吉祥天女 (1)
吉田 秋生

小学館 1995-02
売り上げランキング : 46,886

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。少し落ち着いたようですが、まだまだ暑い日が続きますね。さて、今夜はコミックの紹介です。(いくつか映画は見ているのですが、まだ整理ができていないんですよ〜)というわけで、80〜90年代にかけての名作コミックの紹介です。

この作品は20年ほど前の少女誌「別冊少女コミック」に連載されていた作品です。今でこそ性描写などは少年誌少女誌でも普通に出てきますが、当時この作品が連載されたときは、ショッキングな出来事だったと思います。

どこか冷たく孤高な小夜子が転校してきてから、様々な事件が起こるのですが、その背景にある性、暴力、死、トラウマ。。明晰で美人の小夜子に憧れる少女。謎めいた小夜子に隠された秘密を感じる少年。しかし、気付いたときには、すでにクライマックスに入っていた。。。

読んでいる側がどんどん物語の中に引き込まれていく作品で、まるで数学のように(変な表現だけど)女性の恐ろしさ(それは理由のある悲しい事なんだけど)を子供ながら感じてしまった作品でございました。
posted by 邦画生活take-naka at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 影響を受けたマンガ>思春期に衝撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

東宝・角川・ATG・・「日本映画チャンネル」で見る夏。

映画(中)

ここ最近はDVDというよりスカパーの「日本映画専門チャンネル」を見るのがブームだ。いや、個人的なことですけどね。しかし、次から次へと延々に邦画を見るというのも意外と体力がいるもんだなぁ。

赤ひげ
三船敏郎 加山雄三 山崎努 杉村春子
B00006LEZY

このチャンネルは黒沢作品を独占放送しており「赤ひげ」などは2度も見てしまった。また、今月は24時間まるごと「タッチ」あだち充の世界をやるそうだ。さすがに24時間は見るのは、頭がおかしくなりそうですが、その中の「180分まるごと長澤まさみ」は見てみたいですね^^;

そら―長澤まさみ写真集
今村 敏彦
4054013163
posted by 邦画生活take-naka at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>煩悩と随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

「ねらわれた学園」薬師丸ひろ子

B00005HW76ねらわれた学園
薬師丸ひろ子 高柳良一 峰岸徹 手塚真

角川エンタテインメント 2001-03-23
売り上げランキング : 17,061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。一日空けてしまいました。夏休みラジオ体操を寝過ごして皆勤賞逃してしまったような気分。。。鉛筆セットがもらえないじゃないか!
ま、気分を取り直して、今日は角川黄金期の映画「ねらわれた学園」のご紹介です。

個人的にこの映画・・・というより眉村 卓について色々読んだ記憶があります。
いわゆる学園モノ・SFというかサスペンスですね。夏休みの読書とか言って、こういった類のものばかりを読んでいたときがありました。

この映画もトーン的には当時でも一昔前の校舎というか古い校舎が舞台になっています。やっぱり夏の読書はSFに限りますね。
眉村 卓はNHKでも、60年代か70年代?シリーズドラマ化された作品がDVDになっていますね。
posted by 邦画生活take-naka at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 邦画感想&劇場公開>本格的な感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

「エスパー魔美」NHK名古屋ロケもの。

B000068RAVエスパー魔美(1)
笹岡莉紗 草刈正雄 涼風真世 赤坂晃

キングレコード 2002-07-24
売り上げランキング : 57,605

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少し前に「中学生日記」がNHK名古屋の制作だというお話をしたのだが、この「エスパー魔美」も名古屋NHK制作だ。藤子・F・不二雄原作の人気コミックであるのだが家族のキャスティングが結構すごいぞ。草刈正雄と涼風真世の娘なんだから、マネキンと暮らしているような気分じゃないのか。じゃなくて、両親の美系の割には魔美は愛嬌ありすぎるなぁ。。

ま、このドラマ結構、鶴舞公園(名古屋市内の大きな公園です。昔は動物園だったそうな)がロケで使われており、最終回のシーンも公園内の噴水の場所だったと思う。この噴水は、お花見になると飛び込む輩が多い噴水で、ちょっとしたモダニズムっぽい雰囲気なので、名古屋の数少ない雑誌とかの撮影には欠かせない場所でもありますね。
posted by 邦画生活take-naka at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>家族&青春&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

「少女」「おろしや国酔夢譚」「アルプスの若大将」などなど・・・。

B0009A48EUアルプスの若大将
加山雄三 古沢憲吾 星由里子 有島一郎

東宝 2005-06-24
売り上げランキング : 10,367

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大変な事に気付いてしまった!このブログ本来「邦画生活」サイトのインフォメーション的な役割で作ったのですが6月4日より本サイトのアップ案内をしておりませんでした^^;
あと、もう一つニュースがありまして、「邦画生活」がyahoo!:映画評論にディレクトリ登録されましたので、ご紹介しておきます。
以下、「邦画生活」の6月4日以降の更新履歴です。また、新コーナーも設置しました。
画像が無いとなんか寂しいので若大将を代表して置いておきます。

おろしや国酔夢譚の映画感想をアップしました。(2005.8.7)
少女の邦画感想をアップ。感想を書かなかった作品達コーナーを設置しました。(2005.7.30)
yahoo!:映画評論にディレクトリ登録されました(2005.7.20)
肉弾の邦画感想をアップしました(2005.7.17)
アルプスの若大将の映画感想をアップしました。(2005.7.12)
星くず兄弟の伝説の邦画批評を追記しました。(2005.7.5)
わたしのグランパスウィングガールズゼブラーマンの邦画批評をアップしました。(2005.6.13)
CASSHERNの邦画批評をアップしました。(2005.6.7)

では、皆さん夏ですが風がはやってるようなので、夜更かししないように睡眠とりましょう。
posted by 邦画生活take-naka at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画生活アップ 案内>ポピュラー作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

「探偵物語」松田優作。。永遠ナリ。。

B00005O6SE探偵物語 DVD-BOX
松田優作 成田三樹夫 山西道広 倍賞美津子

東映 2001-12-07
売り上げランキング : 2,524

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。「邦画生活」のブログなのにすっかり映画のこと書いてないですね。まあ、気が済むまでかかせてください!で、今日はハードボイルド・ドラマの名作「探偵物語」についてです。

このドラマ確か22時台〜(21時だったかも?)だったんですよね。なので、ドラマにしてはお色気というより、大人的な話題。「ソープ嬢(当時はトルコ嬢)」「水商売の女」とかそういう世界が普通に出てくるわけなんですね。まあ、子供には大変不適切な番組だったわけですよ。

しかし、私このドラマをリアルタイムで一話も欠かさず見ています。
何故かというと、当時は21時台のGメンを見るのにも大変な交渉を親としなくてはいけないような子供が夜遅くテレビを見ることはいけないという時代だったのですが、何故か母親がこの松田優作のファン?かどうかわからないのだけれど妙に気に入ってしまい、母親だけが見ているのはずるい。という交渉が上手く進み、私晴れて親公認で、この不適切なドラマを見ることが出来るようになったわけです!

まあ、そんなことはどうもいいんですが、場末の街で探偵の工藤ちゃんはとてもかっこよく見ていました。絶対大人になったらべスパに乗ってやると、幼い頃決意したものです。
また、成田三樹夫のいい加減な小悪党チックな刑事や何か貫禄ある倍賞美津子。工藤ちゃんに付きまとう女の子二人組み(竹田かほり・・と外人の子は忘れてしまいました・・)など、皆肩の力を抜いたような適当にやってる感じが、とても上手く行ってたように思えます。

あと、予告のナレーションも松田優作が適当にやってるんですよね。出演者の誰々に子供が生まれて何とか・・みたいな、こんなんでいいのかいな?みたいな世界があって、ああいう世界はいいなぁ。。としみじみ今書いて思うもうすぐ夜1時ですね。。。
では、また明日もよろしく〜
posted by 邦画生活take-naka at 00:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 秀作ドラマ紹介>刑事モノ&パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

「中学生日記」竹本孝之。。。

B00004SQRSGOLDEN J-POP/THE BEST 竹本孝之
竹本孝之

ソニーミュージックエンタテインメント 1999-09-22
売り上げランキング : 56,734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こんにちは。立秋ですが、まだまだ暑いですね。というか真っ盛り。さて、昨日「陽あり良好」を紹介したのですが、この作品で主演だった竹本孝之は、現在NHK中学生日記の矢場先生です。美術の先生ですよね。

中学生日記といえば、昔は「NHKのど自慢」日曜日に見ながらゴロゴロしていると、何となく始まってしまい何となく見てしまっていたのですが、今は総合ではなく、NHK教育 月曜19時〜やっています。教育テレビですがゴールデンなんですよ^^;

この中学生日記。ずっとNHKらしいオーソドックスな作り方をしていたのですが、テーマと実際の中学生とのギャップが段々激しくなってしまい、数年前に演出やテーマをリニューアルし、時間帯もゴールデンに移して現在に至るわけなんですね。

実は、この長寿番組、けっこうシルバーな人たちに元々人気があったようで、このリニューアルに昔からのファンは戸惑ってしまったようです。今、本来の対象であるティーンの支持を受けているかどうかわかりませんが、今後も頑張って欲しいドラマでありますね。

ちなみに、この番組NHK名古屋で制作されており、加藤晴彦などの俳優も輩出している番組で、名古屋出身者に聞いてみると「友達が出演したことあるって聞いたよ!ちょい役だけど・・」とほとんどの人が言ってくれそうな身近な番組でもあったりします。

NHK:中学生日記
posted by 邦画生活take-naka at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>家族&青春&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

あだち充「陽あたり良好! 」ここはあえて。。。

4091910653陽あたり良好! (1)
あだち 充

小学館 1996-08
売り上げランキング : 108,190

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。暑いっすね。みなさんご機嫌如何ですか?さて、あだち充の「タッチ」実写版で話題にってますね。犬童一心監督(ジョゼと虎と魚たち)、長澤まさみ(「黄泉がえり」可愛かったですね)で、青春ものは永遠なのですね。。。

少し前に、あだち充原作は、「H2」で石原さとみ主演でドラマにもなっており、最近の青春スポーツ日本映画ブームというか、そういう流れにもってこいの作品なのかもしれません。

しかし、個人的には、あだち充のマンガではこの「陽あたり良好! 」をおすすめしたい。このマンガは確か少女コミック(忘れました・・)に連載されていたものです。「タッチ」「みゆき」などなどのかげに隠れてなかなか注目を浴びませんが、あだち充の青春モノが男性の視点、男女の視点で描かれているものが多い中、この「陽あたり良好! 」は、主人公:かすみの女性の視点で描かれている、少し珍しい作品のように思います。

また、このマンガはドラマ化されたこともあり、竹本孝之、伊藤さやか主演で制作されたのですが、あまり大きな話題にならなかったですね。また、こういう背景からしても個人的には、陽を当てたくなる作品なんですけどね。。。

2005年08月05日

「中森明夫」80年代といえばこの人かもしれない。

4043738013東京トンガリキッズ
中森 明夫

角川書店 2004-01
売り上げランキング : 2,535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。今日は趣旨を変えて書籍紹介です。「中森明夫」ご存知ですか?80年代と言えばこの人でしょう。画像の「東京トンガリキッズ」は雑誌「宝島」に掲載されたいた、80年代の様々な青春群像??をリアルに描いたオムニバスストーリーです。

その時代の偏った夢を追い求めていた個人的なリアルな物語ほど、時代を表現できるものはないと思います。まさに、時代の束をそれぞれの若者で刻んだ星くずのようなオムニバスストーリーです。時代の息づかいを知りたい人にはぜひ読んでいただきたい。

この「中森明夫」を有名にしたのは「東京おとなクラブ」というサブカルチャーな新聞?(私は、出版化された本しか持っていないので^^;)その「おとなクラブ」は、今のBLOGのような観点で裏ねたやうわさなどが盛りだくさんに書かれています。

例えば、新宿のトイレに書かれていた芸能界のホモの人たち。ここでは言及しませんが「へぇー」というような名前が出ております。また、阿佐ヶ谷のおっさん教祖に傾倒していく女子高生たちのルポなど、本当かどうかわからないような、またどうでもいいよな話題満載の新聞だったようです。

記事の傾向を見てみると、今のブログにしたらすごく楽しそうな話題でありますね。また、オタクの象徴的な存在でもあります。
posted by 邦画生活take-naka at 01:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸術・文学は力なり>嗚呼!文学の泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

「リング」ジャパニーズホラーで夏の夜。。。

B00018GXYIリング
松嶋菜々子 鈴木光司 中田秀夫 中谷美紀

ポニーキャニオン 2005-03-02
売り上げランキング : 9,801

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんにちは。暑いっすね。みなさん如何お過ごしでしょうか?さて、ジャパニーズホラーで一番怖い映画といったらこの「リング」しかないと思います。

実は、この映画劇場で見たのですが、映画のチケットをもらったので急に夜映画を見ようということになり、私は名古屋に住んでいるのですが小牧コロナ会館まで行ったのですね。しかし、そのコロナ会館では、チケットが使えなく、豊田だったと思うのですが、深夜車を飛ばして見に行った記憶があります。

結局、この映画たしか「らせん」と二本立てだったように記憶していますが、見終わったのは朝4時くらいで、しかも「リング」想像以上に怖くて、最後に松島菜々子が車に息子を乗せて、一本道を走っていくシーンと自分が重なり合い、怖くて怖くてたまりませんでした。

眠くて意識朦朧のときに、本能に来るような怖いシーンもいっぱい見てしまい、私、2年ほどこの映画の恐怖から逃れられることができませんでした。
深夜、ビデオを見ようとデッキに入れると中々映像が始まらず、「このシーンどっかで・・・リング?」みたいな恐ろしい日々を送っていました。

そんなに深く感じない人もいるかと思いますが、この映画見る人は、心してみたほうがよいかと思われます。。。
posted by 邦画生活take-naka at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画感想&劇場公開>紀行&ネタ話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

何故か夕方よく見てた「大岡越前」。。。

B00005V2CC大岡越前
TVサントラ

キングレコード 2002-02-28
売り上げランキング : 98,354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日、鬼平のコメントを書いたので調子に乗って、もう一本。「大岡越前」について、みんなで大いに語ろうではないか!(自分だけで語りますね)

さて、この大岡越前は、みなさん夕方よく見てなかったですか?私が住んでいた東海地域では、夕方というば、この大岡越前か水戸黄門というのが定番でしたね。「んーんー♪んんんんんーん♪」というハミング?のテーマソングは、これから始まるストイックな男の時代劇の予感をさせてくれました。

また、この大岡越前のキャスティングも好きだ。親友の人情派 町医者:伊織に竹内無我。お城をこそっと抜け出して、ちょっとへまをしてしまう(財布を取られたりなど)の徳川吉宗(上様)に山口崇。妻:雪絵に元祖お嬢様女優、酒井和歌子(7部8部)。永遠に変わることのないようなキャスティングではないでしょうか。

静かでストイックでありながら、心温まる大岡裁き。じんわりすっきりする夕方でしたねぇ。
posted by 邦画生活take-naka at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

「鬼平犯科帳」時代劇最高峰と思ふ。

B00005V2QR鬼平犯科帳 第1シリーズ《第12話スペシャル》
中村吉右衛門 池波正太郎

松竹 2002-02-21
売り上げランキング : 22,073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

時代劇でこれほどまでに完成度の高いドラマはないであろう。個人的には大岡越前や水戸黄門のようなお茶の間時代劇も好きなのではあるが、鬼平は、ダンディズムでこれほどもでに江戸文化を継承している作品は無いように思える。映画も含めて。

長谷川平蔵は実在の人物のようで、人足寄場を作ったりした裕福な旗本だったと何かの本で読んだ記憶がある。いわば治世の能臣だったのかもしれない。
作品では、記録に残らない人情や歴史に残らない人たちと平蔵との係わり合いの中で、ふんだんに江戸の文化や人情を見ることが出来る。

また、この作品のエンディングに心を打たれた人は多いのではないでしょうか?
江戸の市井の中で暮らす人たちの日常が四季を通じて描かれている。
川辺の桜の中を歩く着物姿と川を通る船。夏、夜空に浮かぶ花火が映る川の模様。秋の寺模様。雪の中を夜鳴きそばを食べる人。それは、あたかも自分が見てきた風景のように映るのは、西洋文化で育った私たちも、やはり日本人の心は受け継がれているということであろうか。
posted by 邦画生活take-naka at 00:33| Comment(4) | TrackBack(1) | 秀作ドラマ紹介>時代劇(韓国含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

「エコエコアザラク」いつまでも・・・

B0001U1L7Kエコエコアザラク~眼~ ディレクターズカット DVD-BOX
上野なつひ 古賀新一 三津谷葉子 杏さゆり

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2004-05-26
売り上げランキング : 15,325

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「エコエコアザラク」は様々なアイドルタレント(吉野公佳、菅野美穂、佐伯日菜子、上野なつひなど。個人的には佐伯日菜子の印象が強いなぁ)でドラマなどになっていますね。このドラマの原作は秋田書店 少年チャンピオンに掲載されていたオムニバス形式のマンガだったということを知っている人は30〜40代になっているでしょうが。。

ドラマでは、ミステリアスで強い女というイメージですが、マンガではおっちょこちょいで普通の中学生(初掲載時。後半では高校生かもしれない)で、クラスメイトとも仲良く、映画のようにクラスの中で孤高の存在というイメージとはちょっと違います。

ティーンを題材にしたジャパニーズホラー映画は、すでに1ジャンルとして定着し、この「エコエコアザラク」もなくてはならないドラマになっています。周期的に訪れるメモリアル的な題材としてでなく、ずっと作り続けられてる作品として、すごいなぁ。と改めて感心してしまった。
posted by 邦画生活take-naka at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 秀作ドラマ紹介>刑事モノ&パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。